VectorWorks

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Vectorworks(ベクターワークス)はNemetschek Vectorworks社(アメリカ)が開発する汎用CADソフトウェアである。

概要[編集]

日本での販売元はエーアンドエー株式会社である。動作環境はMac OS XおよびWindows。2次元および3次元の座標系内でのベクトルデータとして、作図のほかデータベース表計算・3Dレンダリングなどの機能を備えている。基本的にベクトルデータを取り扱うが、プレゼンテーションへの貼り付けやテクスチャとしてラスタデータを取り込んで使うことも可能である。

用途[編集]

汎用CADソフトとして、建築(意匠・構造・設備)・土木・機械・工芸などさまざまな分野で利用されている。特定分野を対象とした機能拡張も多数販売・配布されており、ユーザは必要に応じてそれらを組み込んだり、独自に機能を拡張したりすることで利便性を高めることができる。

日本での販売製品[編集]

  • Vectorworks Designer with Renderworks
  • Vectorworks Designer
  • Vectorworks Architect with Renderworks
  • Vectorworks Architect
  • Vectorworks Landmark with Renderworks
  • Vectorworks Landmark
  • Vectorworks Spotlight with Renderworks
  • Vectorworks Spotlight
  • Vectorworks Fundamentals with Renderworks
  • Vectorworks Fundamentals

歴史[編集]

Diehl Graphsoft Inc(その後Nemetschek AG(ドイツ)に買収され、Nemetschek North Americaに改称。現在の名称はNemetscheck Vectorworks)によって、"MiniCad"という商品名で開発された。当初はMacintosh版のみであったが、のちにWindows版も登場した。

1998年、バージョン8より現在のVectorWorks(バージョン2009よりVectorworksと表記)に改称。

2006年、バージョン12より上位エディションDXをリリース。それまでのA&A独自機能を盛り込んだ製品から、NNAのオリジナルをローカライズした製品へとシフト。ただし、独自機能は拡張ツール(プラグイン)集として提供される。

2008年、バージョン名を年号に。NVの意向をより反映した現行のラインナップへ。

2013年2月現在、最新バージョンは2013(Version 18.0に相当)。Mac版はVersion 12.5以降でIntel Macインテルプロセッサを搭載したMac)にも対応している。

データ形式[編集]

Vectorworks特有のファイル形式はVWX(Vectorworks)形式である。拡張子は2008で"vwx"に変更されたが、Version 12.5までは"mcd"であった。"mcd"はMiniCadとして開発・販売されていた名残であり、またWindows CADではMicroCADAMがMiniCad以前より使用していた拡張子でもある。

これら以外のフォーマットのファイルにも対応しており、他のCADソフトとの間でデータのやりとりが行える。主なフォーマットとして、次のようなものがある。

外部リンク[編集]