DraftSight

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DraftSight
開発元 ダッソー・システムズ
初版 2011年02月23日(3年前) (2011-02-23
最新版 V1R5.0[1] / 2014年01月21日(5か月前) (2014-01-21
対応OS Windows, Mac OS X, Linux
対応言語 英語, 日本語
サポート状況 開発中
種別 CAD編集ソフト
ライセンス フリーウェア, プロプライエタリ
公式サイト http://www.3ds.com/ja/products-services/draftsight/
テンプレートを表示

DraftSightはダッソー・システムズが提供している2次元用のCAD製品である。

概要[編集]

2次元の図面の作成、編集、表示が行えるCAD製品である。

メールアドレスの登録によるアクティベーションが必要であるが、無償で提供される。また電話や電子メールでのサポートやAPIへのアクセス及びアップデートが行われるPremium Packが有償で提供される[2]

オートデスクAutoCADのファイル形式である、DWG形式が扱えるのが特徴[3]。外観や操作性にAutoCADと共通点が多い。

2010年6月にパブリックベータを公開、2011年2月に初版を公開[4]、2011年5月に日本語対応化を発表する[5][6]。2011年6月には100万ダウンロードを達成[7]

出版[編集]

関連項目[編集]

  • CAD
  • Jw_cad - 国産で無償の2次元CADソフト。

出典[編集]

  1. ^ DraftSight V1R5.0 リリースノート” (日本語). ダッソー・システムズ. 2014年2月2日閲覧。
  2. ^ DraftSight®:DWGファイル対応の無償*CADソフトウエア”. ダッソー・システムズ. 2013年10月24日閲覧。
  3. ^ DraftSightの特長 - ダッソー・システムズ”. ダッソー・システムズ. 2013年10月24日閲覧。 “DWG/DXFファイルの読み取りおよび書き込みサポート”
  4. ^ Dassault Systèmes’ No-Cost 2D CAD Product DraftSight Now Available for General Release” (英語). ダッソー・システムズ (2011年2月23日). 2013年10月24日閲覧。
  5. ^ 小林由美 (2011年5月10日). “ダッソーの無償2次元CAD「DraftSight」:設計実務でしっかり使える無償2次元CADを提供”. @IT MONOist. 2013年11月9日閲覧。
  6. ^ ダッソー・システムズ、無償2D CADソフトウエアDraftSight正式配布版とサポートパッケージを発表”. ダッソー・システムズ (2011年5月11日). 2013年10月24日閲覧。
  7. ^ Dassault Systèmes’DraftSight Surpasses One Million Downloads!” (英語). ダッソー・システムズ (2011年6月27日). 2013年10月24日閲覧。

外部リンク[編集]