IGES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

IGES(アイジェス)は異なるCAD間でデータを交換する際に使用する中間ファイル・フォーマットの一つ。ANSIが策定し、自動車産業を中心に実質的に世界標準となっている。3次元データを扱う際によく用いられる。Initial Graphics Exchange Specificationの略。

概要[編集]

日本自動車工業会 (JAMA) により策定されたJAMA-ISIGESのサブセット。

仕様[編集]

1レコード80バイトの固定長によるアスキー形式。 以下の5セクションで構成される。

  • スタートセクション
  • グローバルセクション
  • ディレクトリ・エントリーセクション
  • パラメータ・データセクション
  • ターミネートセクション

関連項目[編集]

外部リンク[編集]