.x

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
.X ファイル
拡張子 .x
開発者 マイクロソフト
種別 ポリゴンメッシュファイル
テンプレートを表示

.xファイル(エックス-ファイル)とは、マイクロソフトが開発した3Dモデルファイル形式である。DirectXの一部バージョンで標準サポートされた。

概要[編集]

ポリゴンメッシュファイル形式として、ポリゴンの頂点データ・マテリアル・テクスチャのパスやUV座標の定義・簡易的なアニメーションを、オブジェクトとして定義できる。

ファイルフォーマットとしては、テキスト形式バイナリ形式が定義されている。テンプレート駆動型フォーマットを採用しており、オブジェクトのインスタンスと階層もサポートされている。ユーザー(開発者)で拡張することができ、オブジェクトの格納を定義可能である。

一方で、汎用性を重視したデータ構造(ファイルフォーマット)のため描画処理が遅く、高度なアニメーションの定義にも適さない[1]

LightWave3DMayaSoftimageCinema 4Dや、フリーウェアでも六角大王Metasequoiaといった、数々の3DCGソフトウェアが対応している。DirectX以外にもXNAでも標準でサポートされている。

歴史[編集]

DirectX 2.0からテキスト形式が導入され、DirectX 3.0でバイナリ形式が、DirectX 6.0で読み書きするためのメソッドが追加された。DirectX SDKでも「June 2008」よりDirectX Viewerというファイルビュアーが標準で用意された。

しかし、標準対応されたのはDirectX 9.0までであり、DirectX 10.0よりフォーマットとしてサポートされなくなった[2]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]