UNIVAC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

UNIVAC(ユニバック)は、アメリカコンピュータ企業。

1950年、エッカート・モークリ社(ENIACを開発した2人の技術者が設立した会社)を買収したレミントンランド社が商用コンピュータ部門として発足させたのが始まりである。 UNIVACという名称は、UNIVersal Automatic Computer の略。

歴史[編集]

ジョン・エッカートジョン・モークリーは、ENIACコンピュータを製作後、特許権を管理するために Electronic Computer Corporation 社 (ECC) を設立した(後にエッカート=モークリー・コンピュータ・カンパニー (ECC) に改称)。同社はまず BINAC (Binary Automatic Computer) をノースロップ社のために製作した(実際にはほとんど使われなかった)。その後、UNIVACの開発に着手。UNIVACは当初、アメリカ合衆国統計局のために開発された(開発資金のほとんどを負担)が、その後製品化された。ECCは American Totalizator 社(競馬掛け率計算器を製造)の子会社であったが、経営上の判断でレミントンランド社に売却された。レミントンランド社は ECC を UNIVAC部門と称した。

  • 1951年 UNIVAC I メインフレームコンピュータをリリース。翌年のアメリカ大統領選挙の開票予測に使われた。
  • 1953~1954年 タビュレーター部門と科学技術計算用コンピュータ部門をUNIVAC部門に統合
  • 1955年 レミントンランド社はスペリー社と合併し、スペリーランドと改称。これに伴ってUNIVAC部門は、スペリーUNIVACと改称。
  • 1960年代 UNIVACはメジャーなコンピュータ企業8社のひとつとなる(汎用コンピュータの項を参照されたい)。
  • 1963年沖電気工業はスペリーランドとコンピュータに関する技術提携契約を結んだ。しかし、その際の条件として合弁会社設立があったため、「沖ユニバック」を設立。結果として沖電気本体はメインフレーム事業から撤退することになった。
  • 1978年 スペリーランド社は、旧態依然とした複合企業(コンピュータ、タイプライタ、オフィス家具、乾草梱包機、肥料散布機、ジャイロスコープ、アビオニクス、レーダー、電気かみそり)であったが、コンピュータに集中することを決定し、関係のない部門は売却した。このとき社名をスペリー・コーポレーションとした(スペリー側から見れば元に戻した)。
  • 1986年 スペリー社はバロース社と合併しユニシス社となる。
    • この後、ユニシスはコンピュータ製造からコンピュータサービスとアウトソーシングへと業態を変えていく。

ユニシスは現在もメインフレームクラスのマシンを設計製造し続けている。

開発した機種[編集]

  • UNIVAC I1951年): 米国での最初の商用コンピュータ。主記憶装置は水銀遅延線。回路素子は真空管
    • UNIVAC II1958年): UNIVAC I の改良版。主記憶装置を磁気コアメモリに改善。一部回路がトランジスタ化されている。UNIVAC I との完全なソフトウェア/データ互換性があったが、命令をいくつか追加している。
    • UNIVAC III1962年): UNIVAC I および II の後継機。二進数マシンだが、十進方式の従来機種との互換性も保持していた。
  • UNIVAC Solid State は2アドレス式の二進化十進式コンピュータ。主記憶装置は磁気ドラムメモリ。半導体を使用している。
  • 初期の UNIVAC 110x 真空管コンピュータ
    • UNIVAC 1101、または ERA 1101: Engineering Research Associates (ERA) の設計。24ビットマシンで、磁気ドラムメモリを使用。
    • UNIVAC 1102、または ERA 1102: ERAがアメリカ空軍のために開発。
    • UNIVAC 11031953年): 1101の後継機。36ビット機。磁気ドラムメモリとウィリアムス管をメモリとして使用。改良版の1103A(1956年)もある(磁気コアメモリを使った最初のマシンの1つ)。
    • UNIVAC 11041957年): 1103の30ビット版。ボマークミサイルの制御システムを開発していたウェスティングハウス・エレクトリック向けに開発。しかし、ボマークが1960年代に実際に配備されたときには、もっと新しいコンピュータに置き換えられていた。
    • UNIVAC 11051958年): 1103Aの後継機。
  • UNIVAC 1100/2200シリーズ: 36ビットのトランジスタ化されたコンピュータのシリーズ。今日もユニシスで ClearPath IXとしてサポートされている。
    • UNIVAC 11071962年): レジスタに Thin film memory(薄膜メモリ、コアメモリの一種)を使用。
    • UNIVAC 11081964年): 最初のマルチプロセッサ機。3台のCPUと2台のIOC(入出力制御装置)を構成可能。主記憶はこのために8ポートアクセスが可能となっており、各CPUがアドレスとデータで2ポート、IOCが1ポートを使用した。命令セットは 1107 に似ていたがテスト・アンド・セット命令などのマルチプロセッサ向け命令を追加している。一部モデルではASCIIコードを使用可能になっていた。
    • UNIVAC 11061969年): 命令セットは1108と同じ。初期の1106は1108の半分の性能。命令セットは 1108 と同じだが、マルチプロセッサ構成は制限されており、IOC は搭載していない。後に、主記憶システムをもっと低速で安価なものに置換している。
    • UNIVAC 11101972年): 6ウェイまでのマルチプロセッサ。IOC は最大4台接続可能。最大構成のものがNASAで使われた。
    • 1975年、主記憶を半導体メモリに置き換えた新シリーズが登場した。
      • UNIVAC 1100/10 : 1106 の後継。
      • UNIVAC 1100/20 : 1108 の後継。
      • UNIVAC 1100/40 : 1110 の後継。
      • UNIVAC 1100/601979年
      • UNIVAC 1100/701981年
      • UNIVAC 1100/801979年): 1100 と 494 を統合したもの。SIU(Storage Interface Unit)と呼ばれる一種のキャッシュメモリを導入。ミニコンピュータを診断プロセッサとして搭載。電源周波数を 400Hz に上げて電源装置の小型化を図っている。
      • UNIVAC 1100/901982年): 水冷式
  • Remington Rand 4091949年): 配線盤でプログラムするパンチカード式計算器
  • UNIVAC 4181963年-1969年): 18ビット機。418-1、418-2、,418-3の3機種。
  • UNIVAC 490: 30ビットワードマシン。メモリは16K/32Kワード。
  • UNIVAC 492: 490の後継機。メモリを64Kワードまで拡張可能。
  • UNIVAC 494: 492の後継機。高速化。メモリ131Kワード。
  • UNIVAC 10041962年): 配線盤プログラム方式、パンチカード式計算機。磁気コアメモリ961×6ビット。
  • UNIVAC 10051966年): 1004の後継機。配線盤プログラムを内部に読み込むことができた。アメリカ陸軍が最初に戦場で使用したコンピュータ。
  • UNIVAC 10501963年): プログラム内蔵式。32K×6ビットメモリ。
  • UNIVAC System 801981年
  • UNIVAC 9000 シリーズ は1960年代中ごろSystem/360への対抗として登場した。360 の命令セットを実装した互換機(プラグコンパチブルではない)。9200 と 9300 は 360/20 の命令セットの大部分を実装していた。9400 は完全な 360 命令セットを実装し、ほぼ 360/30 に匹敵する。9000シリーズは磁気コアメモリに似た Plated Wire Memory を採用しており、非破壊読み出しが可能な点が磁気コアメモリと異なる。
    • UNIVAC 9200: 1004の後継機。メモリは4K~16K。

オペレーティングシステム[編集]

1107は初の36ビット、ワード指向マシンで、アーキテクチャは 1100シリーズとして知られるものとよく似ている。 オペレーティングシステム (OS) としては1960年代中盤では一般的なバッチ向きの第二世代OSである EXEC II が動作した。 1108 では EXEC II と EXEC 8 が動作。1108 は 1107 の上位アーキテクチャともいうべきもので、複数のCPUが動作してメモリ容量も増えている。 複数CPUを搭載したモデルではスレッド同期命令を持っていて、オプションとして I/Oコントローラ (IOC) と呼ばれる拡張筐体があった。 1108のいくつかのモデルはワードを4×9ビットに分割する機能を持っていてASCIIキャラクタを扱うことができた。 また、EXEC 8はリアルタイムアプリケーションタイムシェアリングシステムとバックグラウンドのバッチジョブを複数同時に実行することができた。 TIPというトランザクション処理環境はプログラムをCOBOLで記述できた。当時他社の同様のシステムではアセンブリ言語で記述するのが一般的だった。 後のシステムでは EXEC 8 は OS1100 および OS2200 と改称され、互換性を保障していた。 1108 上で動作していた他のOSとして RTOS がある。

特撮とUNIVAC[編集]

ウルトラセブン』のウルトラ警備隊のシーンでしばしばUNIVACのコンピュータが登場した。もっとも登場したのはマシン本体ではなくMT装置のみであった。 紙テープが出力され、それを人間が直接読むというシーンがある。UNIVACのライバルのIBMのコンピュータでは入出力は一般に紙テープではなくパンチカードであった。

登録商標[編集]

UNIVAC®登録商標として以下の企業で使われている

参考文献[編集]

  • David E. Lundstrom: A Few Good Men from Univac, ISBN 0735100101
  • Nancy Beth Stern, From Eniac to UNIVAC: An Appraisal of the Eckert-Mauchy Computers, ISBN 0932376142
  • Arthur L. Norberg, Computers and Commerce: A Study of Technology and Management at Eckert-Mauchly Computer Company, Engineering Research Associates, and Remington Rand, 1946-1957 (History of Computing) (Hardcover), ISBN 026214090X
  • James W. Cortada, Before the Computer: IBM, NCR, Burroughs, and Remington Rand and the Industry They Created, 1865-1956 (Studies in Business and Technology), ISBN 0691050457

外部リンク[編集]