Remington Rand 409

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UNIVAC 120

Remington Rand 409 は、1949年レミントンランドが設計開発したパンチカード計算機であり、プラグボードでプログラミング可能であった。UNIVAC 601952年出荷)と UNIVAC 1201953年出荷)という2つの機種名で販売された。機種名の数字は、真空管で構成されているメモリが格納できるデータの量(十進数の桁数)を表している。

設計が行われたのは、コネチカット州ノーウォークのローウェイトンにある "The Barn" という建物で、現在は図書館およびコミュニティセンターとして使われている。

1962年に UNIVAC 1004 が後継として登場するまでに約1000台が生産された。なお、設計や生産に関する記録が破棄されていて、全く残っていない。

アーキテクチャ[編集]

数値は固定小数点で可変長(1桁から10桁)であった。演算は浮動小数点数として行われ、結果をメモリに格納する際に固定小数点に変換していた。

数はバイクイナリ式二進化十進表現で表される。一桁ぶんのメモリには5本の真空管があり、それぞれ 1, 3, 5, 7, 9 を表し、ON/OFFの組合せで以下のように数字を表現した。

数字 1 3 5 7 9
0
1 *
2 * *
3 *
4 * *
5 *
6 * *
7 *
8 * *
9 *

関連項目[編集]

外部リンク[編集]