OS2200

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OS2200
開発元企業 / 開発者 ユニシス
OSの系統 OS2200
開発状況 現役
ソースモデル プロプライエタリ(ライセンス下でソースの大半は参照可)
初リリース 1967年(UNIVAC EXEC 8として)
最新安定版リリース CP12.1 (48R6) / 2010年6月9日
対象市場 メインフレーム
アップデート方式 Line number based packaged changes
パッケージ管理 PRIMUS (内部), COMUS (クライアント)
対応プラットフォーム Unisys ClearPath Dorado systems
カーネル種別 モノリシックカーネル(専用ハードウェアを使用)
既定のユーザインタフェース コマンドライン
ライセンス プロプライエタリ・ソフトウェア
ウェブサイト Unisys eCommunity OS 2200 Products

OS2200は、ユニシスメインフレーム用のオペレーティングシステム。ユニシスのメインフレーム・コンピュータである ClearPath Server OS2200シリーズ(米国名:ClearPath Doradoファミリー)などで稼動する。なお日本ユニシスの表記は「OS2200」、米国ユニシスの表記は「OS 2200」である。

概要[編集]

OS2200は、UNIVAC 1108用のExec 8 オペレーティングシステムの直系の後継である。当時の会社はUNIVACで、Exec 8の正式名称は「Executive System for the UNIVAC 1108」であった。

UNIVAC 1108は1964年に発表され、1965年の後半にリリースされた。UNIVAC 1108は、当初はUNIVAC 1107用に開発されていたExec IExec IIを使用したが、これらは最大4プロセッサのUNIVAC 1108での対称型マルチプロセッシングをサポートしていなかったため、UNIVACはそれを実現するバージョンを計画した。1964年12月までに、事前のプログラマ用リファレンスマニュアル(ユーザーガイド)としてExec 8 の仕様が記述され、1965年3月に稼動を始めた[1], [2]

スペリーバローズと合併してユニシスとなった。この経緯により、ユニシスのメインフレームであるClearPathシリーズでは、主に大規模用のClearPath Server OS2200、ClearPath IX/2200シリーズではスペリー系のOS2200が、主に中規模用のClearPath Server MCP 、ClearPath NX/LX/A シリーズなどではバローズ系のMCPが使用されている。

過去および現在のユニシスのシステムに関するドキュメントや情報は、ユニシスのサポートサイト(Unisys public support)[note 1]や、Unisys eCommunity[note 2]に掲示されている。

脚注[編集]

  1. ^ Gray, George T. & Smith, Ronald Q., "Sperry Rand's Third-Generation Computers 1964-1980," IEEE Annals of the History of Computing, vol. 23, no. 1, pp. 3-16, Jan.-Mar. 2001, doi:10.1109/85.910845. http://doi.ieeecomputersociety.org/10.1109/85.910845
  2. ^ Gray, George T. & Smith, Ronald Q.(2008). Unisys Computers: An Introductory History. ISBN 978-1-61539-223-0 New Jersey, Lulu (www.lulu.com/content/2735927).

注記[編集]

  1. ^ Current Unisys documentation is available on the Unisys public support web site. For OS 2200 products, select one of the ClearPath Dorado platforms (e.g., Dorado 700 or Dorado 4000) and then the release level (usually the highest numbered one unless you are looking for something specific in an earlier release). That will take you to a search page where you can search by title or document content.
  2. ^ More information is available on Unisys eCommunity. eCommunity requires a logon, but registration is free and open to the public. Within eCommunity a search for Information Repository leads to a site with searchable information about OS 2200 organized in tutorial form with drill downs.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]