EDVAC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
弾道学研究室にインストールされたEDVAC

EDVAC (Electronic Discrete Variable Automatic Computer)は、ENIAC開発チームが後継機としてつくったコンピュータENIACと異なり二進数を使用しており、プログラム内蔵方式である。

計画[編集]

ENIACを開発したジョン・モークリージョン・エッカートはENIACがまともに動作するようになる前の1944年8月、EDVACの設計と構築を提案した。その設計はENIAC構築中に考案された多くの重要なアーキテクチャ上または論理上の改良を取り入れるもので、高速な遅延記憶装置を採用することにしていた[1]。ENIACと同様、EDVACはペンシルベニア大学米陸軍アバディーン実験場にある弾道学研究室のために製作した。エッカートとモークリーを含むENIAC設計者らはコンサルタントという立場のジョン・フォン・ノイマンと合流して設計を開始した。1945年、フォン・ノイマンは論理設計について話し合った結果を First Draft of a Report on the EDVAC というリポートにまとめた[2]

新しいコンピュータの開発契約は1946年4月に結ばれ、当初予算は10万ドル、コンピュータの名前は Electronic Discrete Variable Automatic Calculator とされた。EDVACに実際かかった費用はENIACとほぼ同額の50万ドル弱であった。

仕様[編集]

開発されたコンピュータは二進数を使用し、加算、減算、乗算、プログラムによる除算などが可能で、メモリは遅延記憶装置[1]1000ワード(後に1024ワードに拡張)であった(1ワードは44ビット)。

物理的には以下のような部品から構成されている。

  • 磁気テープ読取/書込装置(Wilkes 1956:36[1] では、針金記録装置とされている)
  • オシロスコープ付制御ユニット
  • メモリや制御部から命令を受け取って適切な装置に命令を伝える分配装置
  • ふたつの数値に対して演算を行いチェック後にメモリに格納する演算装置
  • タイマー
  • 水銀遅延管を64本使用したメモリ装置2台(各水銀遅延管は8ワードを格納、また補助タンクが3つあってそれぞれ1ワード格納[1]

加算にかかった時間は846マイクロ秒で乗算は2900マイクロ秒である。開発する上での重要な問題は信頼性と経済性であった。

物理的には約6,000本の真空管と約12,000個のダイオードが使われていて、消費電力は56kWである。設置面積は45.5平方mで7,850kgの重量だった。運用には30人が8時間交代で張り付いていた。

実装と運用[編集]

EDVACは1949年8月に弾道学研究室に運び込まれ、いくつかの問題に対処した後、1951年に部分的に稼動した。完成までに時間がかかったのは、ペンシルベニア大学とエッカート&モークリーとの間で特許権を巡る争いがあったためと言われている。このためエッカートとモークリーは大学を離れ、エッカート・モークリー・コンピュータ社を設立しEDVACに関わった技術者も引き抜いていった。

1960年には、EDVACは一日に20時間エラー無しで動作した。平均では一日 8時間動作していたという。1953年にはパンチカード装置を追加、1954年には磁気ドラムメモリを外部記憶装置として追加し、1958年には浮動小数点演算装置が追加された。

EDVAC は1961年BRLESCに置き換えられるまで動作した。それまでの実績をみると、当時としては非常に高い信頼性と生産性であったと言える。

プログラム内蔵方式の功績は誰のものか[編集]

「プログラム内蔵方式」は、主要メンバーのジョン・モークリージョン・エッカートが考案していたとされる。しかし、EDVAC開発チームに入っていた当時一流の数学者であるジョン・フォン・ノイマンが、自分の名前でEDVACの仕組みについて発表し、それが広まってしまった[2]。このため、「プログラム内蔵方式」は今もノイマンの功績とされている。

ENIACの主要開発メンバーであるモークリーとエッカートは技術面で優れており、開発メンバーのノイマンは理論的側面で優れていた。1945年、ノイマンは、EDVACの論理的側面を技術情報とともにノイマンの名前で発表する。これは、一流数学者の名前を利用してEDVACの名声をあげたいペンシルベニア大学側の思惑があったとされる。このことにより「プログラム内蔵方式」などの情報が外部に漏れ、反発したモークリーとエッカートは開発メンバーから離脱する。主要メンバーが離脱したEDVAC開発は大きく遅れ、世界初の「プログラム内蔵方式」コンピュータの称号は1949年EDSACに譲ることになる。EDVACは1951年になって完成する。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Wilkes, M. V. (1956). Automatic Digital Computers. New York: John Wiley & Sons. pp. 305 pages. QA76.W5 1956. 
  2. ^ a b "First Draft of a Report on the EDVAC" (PDF) by John von Neumann, Contract No.W-670-ORD-4926, 米陸軍兵站部とペンシルベニア大学との間の契約。ペンシルベニア大学電気工学科ムーア校、1945年6月30日。次の書籍にもある。Stern, Nancy (1981). From ENIAC to UNIVAC: An Appraisal of the Eckert–Mauchly Computers. Digital Press. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]