MENA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  MENA諸国とされる諸国
  MENA諸国とされることがある国、地域

MENA(ミーナ)とは、ポストBRICsとして注目が集まっている中東北アフリカを合わせた市場。「Middle East(中東)」と「North Africa(北アフリカ)」の頭文字から「MENA」と呼ばれる。

国名一覧[編集]

MENAには、標準的なはっきりとした定義はなく、諸機関がそれぞれ異なる領域を設定している。通常、MENAに含まれる諸国・地域は以下の通りである[1][2]。紛争地域、国際的承認が限定的な地域にはダガー (†) を付してある。

MENAをより広めに定義した場合には、以下の諸国が含まれることがある[3]

背景[編集]

このような中東や北アフリカの経済発展の要因にはオイルマネーの存在がある。しかし、昨今では各国が単なるオイル産出国ではなく潤沢な資金と安価な労働力を活用した産業育成に取り組んでいる。

課題[編集]

  • 中東という場所柄、地政学的リスクが常に存在する。

出典・脚注[編集]

  1. ^ World Bank Definition: MENA
  2. ^ Dumper, Michael, and Stanley, Bruce E., Cities of the Middle East and North Africa: A Historical Encyclopaedia, 2007
  3. ^ MENA Magazine, which covers issues in Armenia, Azerbaijan, and Somalia

関連項目[編集]