Just the Two of Us

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Just the Two of Us
クリスタルの恋人たち
グローヴァー・ワシントン・ジュニア & ビル・ウィザースシングル
収録アルバム ワインライト
リリース 1981年
ジャンル ソウルR&Bアダルト・コンテンポラリー
時間

4:00 (Radio edit)

7:23 (Album cut)
レーベル エレクトラ・レコード
作詞・作曲 ビル・ウィザースウィリアム・サルターラルフ・マクドナルド
プロデュース グローヴァー・ワシントン・ジュニア、ラルフ・マクドナルド
チャート最高順位
テンプレートを表示

"Just the Two of Us"(邦題:『クリスタルの恋人たち』)は、グローヴァー・ワシントン・ジュニアが1980年に発表したアルバムWinelightに収録された楽曲で、彼の最大のヒット曲である。ビル・ウィザースウィリアム・サルターラルフ・マクドナルドによる作詞・作曲。

歌手のビル・ウィザースを迎えている。彼はあくまでゲスト・ヴォーカルであるが、カラオケではウィザースの名前でクレジットされていることもある。 また、アルバムカットはスティールパンテナーサックスによるソロを含んでいるため、シングルカットよりも演奏時間が長くなっている。 Billboard Hot 100最高2位、ARC Weekly Top 40最高1位。グラミー賞のR&B部門を受賞。

1998年にはウィル・スミスがこの曲をサンプリングにした同名のタイトルを発表しており、オースティン・パワーズ:デラックスでパロディーされている。 また、作曲者の一人、ラルフ・マクドナルドも自身のソロアルバムJust the Two of Us(1996年)でセルフ・カバーしている。

クレジット[編集]

カヴァー[編集]

  • 久保田利伸-「Just the 2 of Us」(1991年)、「Just the two of us (Duet with Caron Wheeler)」(1995年,1996年)。
  • ダンス☆マン-「じゃあ、明日にすれば?」というタイトルの空耳風日本語詞。
  • SHOKICHI(EXILE)-「願いの塔」初回限定盤特典の「EXILE COVER」に収録。(2011年)
  • その他下記外部リンク参照。

外部リンク[編集]