オーバーハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OB-X

オーバーハイム・エレクトロニクスOberheim Electronics )とは、1973年トーマス・エルロイ・オーバーハイムによって設立されたシンセサイザーなどを開発・製造していたアメリカの楽器メーカー。1986年ギブソンの傘下に入り、その後商標はバイカウント・インターナショナル(Viscount International )にライセンスされた。

歴史[編集]

第1号製品はシーケンサーであるDS-2で、当時発売されていたモーグやアープのシンセサイザーをコントロールするための製品であったが、後にDS-2でコントロールできる音源モジュールSEMを自社で開発した。当時のモーグ、アープのシンセサイザーはVCFが24db/octの変化量だったが、SEMのVCFは12db/octの変化量であり、そのことがオーバーハイムのシンセサイザーの個性となった。

SEMはモジュールで鍵盤が付いていなかったため、1975年に鍵盤付きでSEM4台分を内蔵したポリフォニック・シンセサイザー4-Voice、同じく2台分内蔵の 2-Voice を発売した。その後もOB-XMatrix-12 などのヒット製品を次々発売したが次第に資金繰りが悪化し、顧問弁護士に会社を乗っ取られる形でトーマス・エルロイ・オーバーハイムは同社を去った。1986年にギブソンの傘下に入っている。

その後も「オーバーハイム」の商標自体は存続し、いくつかの新製品を発表している。

製品一覧[編集]

  • DS-21974年発売) - デジタルシーケンサー。
  • SEM(1974年発売) - シンセサイザーモジュール。
4-Voice
OB-X
  • Mini Sequencer1979年発売)
  • OB-X(1979年発売)
DMX
  • DMX1980年発売)
  • DSX1981年発売)
  • OB-Xa(1981年発売) - ヴァン・ヘイレンがヒット曲「ジャンプ」で使用した。
  • DX1982年発売)
  • OB-81983年発売)
  • Matrix-121984年発売)
  • Xpander(1984年発売)
  • Prommer(1984年発売)
  • Matrix-61985年発売)
  • DPX11987年発売)
  • Matrix-1000(1987年発売)
  • OB-Xk1989年発売)
  • Echoplex Digital Pro1994年発売)
  • OB-Mx(1994年発売) - ギブソンとドン・ブックラのコラボレーション。最後の真のアナログシンセサイザーの一つ。
OB12
  • OB-122000年発売) - バイカウント・インターナショナルの製品。

外部リンク[編集]

  • Synth Zone (OBERHEIM ZONE)キーボードならびにコンピュータ・ミュージックの日本国外ウェブサイトで、その中にオーバーハイムの製品一覧が載っている。