JOY (スターリンのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JOY
スターリンスタジオ・アルバム
リリース 1989年2月25日
録音 1989年
STUDIO "A"
ジャンル パンク・ロック
時間 50分14秒
レーベル アルファレコード
プロデュース STALIN
チャート最高順位
スターリン 年表
JOY
(1989年)
STALIN
1990年
JOY 収録の シングル
  1. 包丁とマンジュウ
    リリース:1989年2月25日
テンプレートを表示

JOY』(ジョイ)は、日本ロックバンドスターリンの通算1枚目のオリジナルアルバム1989年2月25日アルファレコードから発売された。

解説[編集]

常軌を逸した過激なライブパフォーマンスで、世にパンク・ロックという言葉を浸透させたザ・スターリンであったが、1985年に解散。中心人物であったボーカルの遠藤ミチロウは、その後もソロ名義や様々なユニット名で活動を続けていた。その最中、1987年にはビデオ作品のみをリリースするというコンセプトのビデオスターリンを結成、ビデオ作品2本をリリースするも翌年には解散してしまう。そのような経過を経て、遠藤は元ルースターズの三原重夫、THE LIPSの山盛愛彦、遠藤のソロ名義時代のバンド、パラノイア・スターにも参加していた西村雄介を迎え、「ザ」の付かない「スターリン」として再結成した。その復活第1弾としてリリースされたのがこのアルバムで、歌詞こそ遠藤による捻りの利いた独特の語感は擁していたものの、サウンドはザ・スターリン時代とは一線を画すもので、ギタリスト、ベーシスト、ドラマーともすでにベテランの域に入っており、テクニカルな演奏で仕上げられた。また、このアルバムのリリース以前の1月に、遠藤の友人の教授が在籍する和光大学において、「スターリンのライブを見てレポート書く」という期末試験が企画され、そこで初のライブが行われている。

収録曲[編集]

全作詞・作曲: 遠藤ミチロウ

A面
# タイトル 編曲 時間
1. 「誰だ!」 (DA・RE・DA!) STALIN 6:11
2. 包丁とマンジュウ(HOCHO & MAN-JYU) STALIN 4:41
3. 「NO.1(ナンバー・ワン)」   STALIN 3:38
4. 「インターナショナル」 (INTERNATIONAL) STALIN、逆井オサム 6:54
5. 「A・B・C・D・E・F・G」   STALIN 4:04
B面
# タイトル 編曲 時間
6. 「INSIDE LOVE」   STALIN、逆井オサム 7:51
7. 「タイムトンネル」 (TIME TUNNEL) STALIN 5:11
8. 「チャンティック」 (CANTIK) STALIN、逆井オサム 4:29
9. 「Y」   STALIN 7:12
合計時間:
50:14

曲解説[編集]

  1. 誰だ! - DA・RE・DA!
  2. 包丁とマンジュウ - HOCHO & MAN-JYU
  3. NO.1(ナンバー・ワン)
  4. インターナショナル - INTERNATIONAL
    ソウル五輪の男子100m走で、ドーピングのために金メダルを剥奪されたカナダの選手ベン・ジョンソンを題材とした曲。遠藤は実際にあった新聞記事を読んでいる。これは、「どんな事でも歌詞に出来る」と断言していた遠藤のアイデアによるもの。
  5. A・B・C・D・E・F・G
  6. INSIDE LOVE
  7. タイムトンネル - TIME TUNNEL
  8. チャンティック - CANTIK
  9. Y

参加ミュージシャン[編集]

スターリン[編集]

ゲストミュージシャン[編集]