FOR NEVER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FOR NEVER
ザ・スターリンライブ・アルバム
リリース 1985年5月25日(LP・CT)
1985年6月5日(CD)
録音 1985年2月21日
大映スタジオ調布
ジャンル パンク・ロック
レーベル ジャパンレコーズ
プロデュース THE STALIN
加藤正文
ザ・スターリン 年表
Fish Inn
1984年
FOR NEVER
1985年
Fish Inn (リミックス盤)
1986年
テンプレートを表示

FOR NEVER(フォー・ネヴァー)は、日本のロックバンドであるザ・スターリンのライブアルバム。

1985年5月25日徳間音工よりLP版、カセット版がリリースされた。その後、1985年6月5日に1枚組でCD版がリリースされた。その際、収録時間の関係からか「ワルシャワの幻想」がカットされている。

また、1990年7月25日に「ワルシャワの幻想」を収録した2枚組CDの完全版がリリースされ、更に2001年12月21日にデジタルリマスタリングされ、ボーナストラックとして4曲追加収録され再リリースされた。

解説[編集]

1985年2月21日調布にある大映スタジオで行われたザ・スターリンの解散ライブの模様を収録したアルバム。1984年12月31日に新宿ロフトで行われたライブにおいて、ボーカル遠藤ミチロウから「スターリンはこれで終わりだ!」との発言があり、誰もがその真意を計りかねていたが、年が開けてすぐの1985年1月15日、突然解散宣言が告げられザ・スターリンは解散した。その後に解散記念としてこのライブが行われ、ザ・スターリンは5年間の活動に終止符を打ってしまう。後に映像作家、石井聰互の監督によってライブビデオ『絶賛解散中!!』としても発売されているが、その事を意識してか会場の天井から生きたや古新聞・古雑誌などのゴミを客席に撒き散らすという演出が行われた。当日は2時間を越える演奏が行われ、ザ・スターリン史上最長のライブとなった。

また、このアルバムの発売時にDISC 2の1曲目「猟奇ハンター」のタイトルや歌詞の一部が佐川一政の事件を彷彿させると問題になり、急遽「ロック・ハンター」とタイトルを差し替えられる事態になってしまう。その他にも数曲一部音声が修正されている部分があったが、2001年に再リリースされたCDでは全て修正される事なくそのまま収録されている。その際、遠藤の意向により一部曲順が変更されている。リマスター盤では完全収録を目指していたが、オリジナル・マスターが発見されなかった事もあり断念された。

その後、2011年にオリジナル・マスターが全曲発見され、遠藤のメジャーデビュー30周年記念盤として、『I was THE STALIN〜絶賛解散中〜』(2012年)というタイトルでリリースされた。

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1985年5月25日 徳間ジャパン/ジャパンレコーズ LPCT 19JAL-3007〜8 (LP)・38J-2007 (CT) -
2 1985年6月5日 徳間ジャパン/ジャパンレコーズ CD 32JC-112 - CD1枚組、「ワルシャワの幻想」が未収録
3 1990年7月25日 徳間ジャパン/WAX RECORDS CD TKCA-30113〜4 - CD2枚組、「ワルシャワの幻想」収録
4 2001年12月21日 いぬん堂 CD WC-020〜021 - デジタルリマスタリング盤
ボーナストラック4曲追加収録
モーリー・ロバートソンイノマーによるライナーノーツ

収録曲[編集]

オリジナル盤[編集]

全編曲: THE STALIN。

DISC 1 A面(アザラシ面)
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「虫」   遠藤みちろう タム 11:29
2. 「ロマンチスト」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 1:48
3. 「アザラシ」   遠藤みちろう タム 1:49
4. 「天プラ」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 1:05
5. 「バキューム」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 2:01
DISC 1 B面(魚面)
# タイトル 作詞 作曲 時間
6. 「お母さんいい加減〜先天性労働者」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 3:56
7. 「T-Legs」   遠藤みちろう 乾純 6:11
8. 「廃魚」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 4:29
9. 「おまえの犬になる」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 6:05

全編曲: THE STALIN(注記を除く)。

DISC 2 A面(サル面)
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「ロック・ハンター」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 2:24
2. 「下水道のペテン師」   遠藤みちろう タム 2:00
3. 「STOP GIRL」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 3:16
4. 「爆裂(バースト)ヘッド」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 2:31
5. 「NO FUN」   ジェームズ・ニューエル・オスターバーグ・ジュニア、スコット・アシュトン、デイヴ・アレクサンダー、ロン・アシュトン、遠藤みちろう ジェームズ・ニューエル・オスターバーグ・ジュニア、スコット・アシュトン、デイヴ・アレクサンダー、ロン・アシュトン 2:54
6. 「アーチスト/マリアンヌ」   遠藤みちろう、早川義夫 遠藤みちろう 7:34
DISC 2 B面(ブタ面)
# タイトル 作詞 作曲 時間
7. 「溺愛」   遠藤みちろう タム 5:13
8. 「ワルシャワの幻想」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 12:02
9. 「バイ・バイ・ニーチェ」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 3:55

リマスター盤(2001年)[編集]

全編曲: THE STALIN(注記を除く)。

DISC-1
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「虫」   遠藤みちろう タム 12:17
2. 「ロマンチスト」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 1:50
3. 「アザラシ」   遠藤みちろう タム 1:49
4. 「天プラ」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 1:07
5. 「バキューム」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 2:01
6. 「お母さんいい加減〜先天性労働者」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 4:02
7. 「T-Legs」   遠藤みちろう 乾純 6:13
8. 「廃魚」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 4:37
9. 「おまえの犬になる」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 6:21
10. 「M-16(マイナー・シックスティーン)」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 4:39
合計時間:
45:00

全編曲: THE STALIN(注記を除く)。

DISC-2
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「猟奇ハンター」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 2:24
2. 「下水道のペテン師」   遠藤みちろう タム 2:00
3. 「STOP GIRL」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 3:16
4. 「爆裂(バースト)ヘッド」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 2:31
5. 「アーチスト/マリアンヌ」   遠藤みちろう、早川義夫 遠藤みちろう 7:34
6. 「NO FUN」   ジェームズ・ニューエル・オスターバーグ・ジュニア、スコット・アシュトン、デイヴ・アレクサンダー、ロン・アシュトン、遠藤みちろう ジェームズ・ニューエル・オスターバーグ・ジュニア、スコット・アシュトン、デイヴ・アレクサンダー、ロン・アシュトン 2:54
7. 「溺愛」   遠藤みちろう タム 5:13
8. 「解剖室」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 1:58
9. 「GASS」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 0:57
10. 仰げば尊し(編曲:遠藤みちろう) 文部省唱歌 文部省唱歌 4:30
11. 「ワルシャワの幻想」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 12:02
12. 「バイ・バイ・ニーチェ」   遠藤みちろう 遠藤みちろう 3:55
合計時間:
49:17

曲解説[編集]

DISC 1[編集]

アザラシ面[編集]
  1. ロマンチスト
  2. アザラシ
  3. 天プラ
  4. バキューム
魚面[編集]
  1. お母さんいい加減〜先天性労働者
    遠藤のソロ曲「お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました」の演奏に、「先天性労働者」の歌詞を載せた楽曲で、後に「OH!マルクス」というタイトルで遠藤のソロアルバムに収録される。
  2. T-Legs
  3. 廃魚
  4. おまえの犬になる

DISC 2[編集]

サル面[編集]
  1. ロック・ハンター
  2. 下水道のペテン師
  3. STOP GIRL
  4. 爆裂(バースト)ヘッド
  5. NO FUN
  6. アーチスト/マリアンヌ
ブタ面[編集]
  1. 溺愛
  2. ワルシャワの幻想
  3. バイ・バイ・ニーチェ

リマスター盤[編集]

CD 1[編集]

  1. ロマンチスト
  2. アザラシ
  3. 天プラ
  4. バキューム
  5. お母さんいい加減〜先天性労働者
  6. T-Legs
  7. 廃魚
  8. おまえの犬になる
  9. M-16(マイナー・シックスティーン)

CD 2[編集]

  1. 猟奇ハンター
  2. 下水道のペテン師
  3. STOP GIRL
  4. 爆裂(バースト)ヘッド
  5. アーチスト/マリアンヌ
  6. NO FUN
  7. 溺愛
  8. 解剖室
  9. GASS
  10. 仰げば尊し
  11. ワルシャワの幻想
  12. バイ・バイ・ニーチェ

参加ミュージシャン[編集]