Apple純正イヤホン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第3世代のイヤホン
EarPodsという名の第4世代イヤホン
iPod用イヤホンの2つのデザイン。右が最新バージョン。

アップル純正イヤホン(あっぷるじゅんせいいやほん)とはアップル社が開発、販売しているイヤホンである。 シンプルなデザインと光沢のある白色が特徴で、全てのiPhoneiPodiPadで使用できる。

歴史[編集]

白いイヤホンはブランドの象徴[1][2]となっており、広告英語版にもしばしば描かれる。白いイヤホンが黒い人物のシルエットと対照的になった、iTunesギフトカードも販売されている。

初代のイヤホンは第1世代iPodと共にリリースされ、第2世代のイヤホンは小型化され第5世代iPodのセカンドロット、iPod Mini、第1世代iPod Nanoと共にリリースされた。2006年、第3世代は更に小さく流線形になり第5世代iPod、第2世代iPod nanoと共にリリースされた。第2世代デザインは全てのiPod shuffleと共にリリースされ、2007年1月30日まで第2世代iPod shuffleと共に出荷されていた第2世代イヤホンは最初のカラーモデルが用意され、第3世代デザインと共に出荷されていた。右側のイヤホンにリモコンがあり、第3世代iPod Touchのイヤホンにはマイクが内蔵された。

2012年9月12日、アップル社は様々な耳の形に合うように、フルモデルチェンジしたEarPodを発表した。後にiPhone 5、第5世代iPod Touch、第7世代iPod Nanoと共に出荷された。

アップルデバイスを狙った強奪事案[編集]

アップル社の純正イヤホンを使用することで、いくつかの国でiPodが窃盗、強奪される事案が発生した[3][4][5][6]。強盗を避けるため、一部の所有者は目立たないように純正イヤホンから、別のイヤホンに変える対策をした[3]。このように盗難の危険性を減らすために、特徴のある白いイヤホンから、目立たない古いヘッドホンなどに交換することが推奨されるようになった[4]

2005年、ニューヨークメトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティが、地下鉄でのiPod強奪事件が2004年の0件から、2005年の最初の3ヶ月の間に50件に急増したことから[7]「Earphones are a giveaway. Protect your device.→イヤホンを外して機器を守ろう。」という広告を掲示した[8]。2007年、サンフランシスコでも増加するiPod窃盗に対応する形でBARTの職員が駅の乗客に対し白イヤホンは窃盗の標的になると警告する掲示を行った[4]

種類[編集]

アップル純正イヤホンには4種類ある:

  • ベーシック型(リモコン無し)- 第3世代ShuffleとTouch(8、32、64GB)を除く全てのiPodに付属
  • Shuffle(リモコン付き)- 第3世代Shuffleにのみ付属
  • Apple Earbuds(マイク、リモコン付き)- iPhone 3GSiPhone 4iPhone 4S、第3世代Touchに付属、もしくは単体販売
  • "Premium" Apple In-Ear Headphones(マイク、リモコン付き)- 2008年9月9日に発表、単体で販売

最初を除く3種類にはコントロールカプセル(最後の2種類には3つのボタンとマイクがある)はイヤホンの右側にあり音量調整や音楽、ビデオのプレイバック(再生/一時停止や次/前)や対応するiPodやiPhoneではさらに音声メモ録音ができる。ただしリモコンやマイクがあるイヤホンでは、湿気による故障や不具合の問題が報告されている[9]。初代iPhoneやiPhone 3Gでの修正バージョンであるiPhoneステレオヘッドホンは、リモコンがヘッドホンの右側に追加されている。iPhoneステレオヘッドホンはマイク、リモコン付きのアップルヘッドホンと異なり音量調整が無い。

脚注[編集]

外部リンク[編集]