鬼ヶ城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鬼ヶ城
鬼ヶ城の海岸

鬼ヶ城(おにがじょう)は三重県熊野市木本町にある海岸景勝地。国の名勝(「熊野の鬼ケ城 附 獅子巖」〈くまののおにがじょう つけたり ししいわ〉)の一部である。

熊野灘の荒波に削られた大小無数の海食洞が、地震による隆起によって階段上に並び、熊野灘に面して約1km続いている。志摩半島から続くリアス式海岸の最南端で、この地を最後になだらかな海岸(七里御浜)へと変わる。東口から山頂へ通じるハイキングコースにはが植えられており、春には4種類の桜が次から次へと開花して長期間花見が楽しめる。

1935年昭和10年)に国の天然記念物に指定された後、1958年(昭和33年)に獅子巌が追加指定され、名勝および天然記念物「熊野の鬼ケ城 附 獅子巖」となった[1]ユネスコ世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道』(2004年7月登録)の一部[2]。また、日本百景に選定されている。

田村麻呂伝説[編集]

坂上田村麻呂桓武天皇の命を受けて、と恐れられこの地を荒らし廻っていた海賊・多娥丸(たがまる)を征伐したという伝説

鬼ヶ城本城[編集]

室町時代(1523年頃)に有馬忠親が隠居城として山頂に築城した。有馬氏はのちに堀内氏によって滅ぼされる。堀内氏は豊臣秀吉に仕え、関ヶ原の戦いまで当地を治めた。

山頂と熊野古道の松本峠を結ぶハイキングコースには3本の掘切が今でも残っている。

交通[編集]

周辺[編集]

[編集]

  1. ^ 熊野の鬼ケ城 附 獅子巖”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2010年1月18日閲覧。
  2. ^ 世界遺産登録推進三県協議会(三重県・奈良県・和歌山県)、2005、『世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道』、世界遺産登録推進三県協議会、pp.39,75

関連項目[編集]

座標: 北緯33度53分25.57秒 東経136度6分58.16秒 / 北緯33.8904361度 東経136.1161556度 / 33.8904361; 136.1161556