高高度降下低高度開傘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HALO降下を行うアメリカ空軍のパラレスキュー隊員

高高度降下低高度開傘(こうこうどこうかていこうどかいさん、: High Altitude Low Opening, HALOヘイロウ)は、パラシュートによる潜入作戦に用いられるために開発された降下方法。

解説[編集]

視認外である高高度(10,000m程度)を飛ぶ航空機から飛び降り、自由落下して低高度(300m以下)でパラシュートを開き敵地に降下・潜入する方法である。

航空機が高高度を飛行するため敵のレーダー網による警戒を比較的回避しやすくエアボーンの実行を察知されにくい利点がある。一方で高度1万メートルでは気圧が地上の1/4、大気温は氷点下50度(地表約15度)を下回ることがあるので航空機には減圧システム、ダイバーは酸素マスクと防寒着衣が不可欠である。

降下時に開傘している時間が短いことから、敵から発見・探知される可能性が低いため、国境付近など、潜入任務に用いられる事が多い。高高度から飛び降りるという性質上、酸素供給システムと防寒装備がなければ失神する危険性があり、HALOを行う隊員はパラシュート降下訓練が十分に行われている事が望ましい。

低高度で開傘すること自体が危険に思われるが、実際は空気抵抗で減速するので約300km/h以上には加速しないため一般の降下作戦と比べても危険性自体はほとんど変わらない。 アメリカ軍ではHALOは他の空挺部隊と違った装備が支給される。例えば、パラシュートなどは円形のものではなく、パラグライダーのような四角いものが採用され、空中での操作性を重視している。HALOでは降下地点がほとんど限定されているため、HAHO(: High Altitude High Opening)などの任務にも欠かせないパラシュートである。

HALOが登場する作品[編集]

関連項目[編集]