ベトナム系アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベトナム系アメリカ人(Vietnamese American, ベトナム語: người Mỹ gốc Việt)は、ベトナムからアメリカ合衆国に移住した人々、そして彼らの子孫である。中越戦争時にベトナムを脱出した中国系ベトナム人が大半をしめる。

歴史[編集]

ベトナム系アメリカ人の多くはベトナム戦争終結から中越戦争の混乱期にベトナム共和国(南ベトナム)から脱出してきた。フォード大統領は積極的に彼らを受け入れた。アメリカに到着した後は彼らは難民キャンプに入れられてアメリカで生活する為の教育を受けた。そしてその後にはフロリダ州カリフォルニア州オレンジ郡ウェストミンスターサンノゼ、東部に移住した人々はペンシルベニア州マサチューセッツ州ニューヨークなどに定住した。

在ベトナム華人人口は南北統一後の1975年145万人から1987年28.5万人にまで減少しているが、これは中越戦争前夜に多くの華人がボートピープルとしてベトナムを脱出し、111万1000人もの華人がベトナムからアメリカ・カナダなど第三国に定住した[1]ためである。こうした民族的には中国系であるが出身はベトナムである者がこうしたベトナムからの難民や移民の大部分を占める。

一般にベトナムの現共産主義政権に対して敵意を持つ人が多い。自由ベトナム臨時政府のように、ベトナム共産党政権に敵対する組織もある。1980年代、ベトナム系の漁師達がKKKから暴力を振るわれたり嫌がらせを受ける人種差別事件も発生した。

言語[編集]

ベトナム語、英語

主なベトナム系アメリカ人[編集]

出典[編集]

  1. ^ 若林敬子「中国人口超大国のゆくえ」岩波書店 1994年 著者は厚生省人口問題研究所 地域構造研究室室長

関連項目[編集]