高橋和巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高橋 和巳
(たかはし かずみ)
誕生 1931年8月31日
日本の旗 日本大阪市浪速区
死没 1971年5月3日(満39歳没)
職業 小説家中国文学者
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 修士文学
最終学歴 京都大学大学院中国文学
活動期間 1962年 - 1971年
ジャンル 小説評論
代表作 悲の器』 (1962年)
邪宗門』(1965年)
憂鬱なる党派』(1965年)
『わが解体』(1969年)
主な受賞歴 文藝賞(1962年)
処女作 悲の器』(1962年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

高橋 和巳(たかはし かずみ、1931年8月31日 - 1971年5月3日)は、日本小説家中国文学者。夫人は小説家の高橋たか子中国文学者として、中国古典を現代人に語る事に努める傍ら、現代社会の様々な問題について発言し、全共闘世代の間で多くの読者を得た。左翼的な思想の持ち主ではあったが、三島由紀夫と交流するなどの人間的な幅の広さがあった。自然科学にも関心が深く、特に、相対性理論に関する造詣が深かった。癌で39歳の若さで他界した。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 悲の器河出書房新社(1962年11月、第1回文藝賞)のち新潮文庫
  • 文学の責任 河出書房新社 1963 のち講談社文芸文庫
  • 散華1963年)河出書房、1967 のち新潮文庫
  • 我が心は石にあらず(1964年12月 - 1966年6月連載)新潮社、1967 のち新潮文庫
  • 邪宗門1965年1月 - 1966年5月連載)河出書房新社 全2巻、1966 のち新潮文庫、角川文庫、講談社文庫、朝日文庫
  • 憂鬱なる党派河出書房新社(1965年11月)のち新潮文庫
  • 孤立無援の思想 全エッセイ集 河出書房新社 1966 のち旺文社文庫
    • 現代の青春 高橋和巳エッセイ集 旺文社文庫
  • 新しき長城 河出書房 1967
  • 捨子物語 河出書房 1968 のち新潮文庫
  • 日本の悪霊(1966年1月 - 1968年10月連載)新潮文庫、1980
  • わが解体(1969年6月 - 10月連載)河出書房新社、1971 のち河出文庫
  • 黄昏の橋1968年10月 - 未完)
  • 高橋和巳作品集 全9巻 河出書房新社 1969-71
  • 孤立の憂愁の中で 筑摩書房 1969
  • 堕落 河出書房新社 1969 のち新潮文庫、講談社文芸文庫
  • 生涯にわたる阿修羅として 対話集 徳間書店 1970
  • 暗黒への出発 徳間書店 1971
  • 白く塗りたる墓 筑摩書房 1971
  • 黄昏の橋 筑摩書房 1971 のち新潮文庫
  • 人間にとって 新潮社 1971 のち新潮文庫
  • 自立の思想 文和書房 1971
  • 世界革命戦争への飛翔(1971年3月 共産主義者同盟赤軍派編、刊行)
  • 高橋和巳全小説 全10巻  河出書房新社 1975
  • 高橋和巳全集 全20巻  河出書房新社 1977-80
  • 高橋和巳コレクション 全11冊  河出文庫 1996-97

共編著[編集]

  • 漢詩鑑賞入門 高木正一・武部利男共著 創元社 1962
  • 文学のすすめ 筑摩書房 1968 (学問のすすめ)
  • ふたたび人間を問う 安田武対談 雄渾社 1968
  • 変革の思想を問う 小田実真継伸彦共編 筑摩書房 1969
  • 明日への葬列 60年代反権力闘争に斃れた10人の遺志 合同出版 1970

対談[編集]

  • 『大いなる過渡期の論理―行動する作家の思弁と責任』(対:三島由紀夫
1969年(昭和44年)、雑誌「」11月号に掲載されたもの。三島由紀夫対談集『尚武のこころ』(日本教文社、1970年)に所収。

翻訳・注解[編集]

回想記・伝記[編集]

  • 高橋たか子 『高橋和巳の思い出』 構想社
  • 高橋たか子 『高橋和巳という人』 河出書房新社。
  • 川西政明 『評伝高橋和巳』 新版が講談社文芸文庫
     著者は河出での担当編集者で『高橋和巳全集. 第20巻』(391~454頁) の年譜・書誌を編んでいる。

エピソード[編集]

同じく左翼に思い入れのある作品の多い森田童子の「孤立無援の唄」に「机の上の高橋和(ママ)はおこった顔してさかさに見える」というくだりがある。