金箔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金箔

金箔(きんぱく)は、を微量のとともに金槌で叩いてごく薄く伸ばし、箔状態にしたもの。紀元前1200年頃にエジプトで製造が始まったと考えられている[1]

現在は真鍮からなる「洋金箔」も普及しており、本来の意味での金箔は「純金箔」として区別される。 以下、特に断りがない限り、純金箔について述べる。

用途[編集]

金箔をふんだんに使ったバンコクの寺院ワット・プラケオ

金箔のうち、もっとも利用される四号色という規格では、金94.43%、銀4.9%、銅0.66%を、厚さ約0.0001ミリメートルに伸ばしたものである。したがって、1立方センチメートルの金から、約10平方メートルの金箔をつくることができる。こうした大きな展性により、わずかの純金を用いて広い面積にわたって上質な輝きと光沢が得られることから、表面装飾に用いられることが多く、箪笥屏風などの家具類、などの建具類、漆器などの工芸品、仏像仏壇などの美術品、金閣寺に代表される建築物の外装・内装など、多くのものに対して利用されている。また工芸技術として、金箔を漆器などに用いるための沈金蒔絵、仏像を荘厳するための截金などが発達した。

歯学分野においては、金箔を直接歯の中に詰める直接金修復法といった治療法も存在する。

金箔製造の副産物として有名なのが、あぶらとり紙である。金地金を叩き広げる際、地金を挟むために用いられる箔打ち紙が、皮脂もよく吸収することから転用されるようになった。金箔製造に10年以上用いられた箔打紙は、「ふるや紙」とも呼ばれ、高級品として扱われる。

製造工程[編集]

金箔の製造工程は澄屋(ずみや)が行う延金(のべきん)、上澄(うわずみ)と箔屋(はくや)が行う箔打ちに分業して行われる[2][3]

るつぼで溶解され合金になる

澄屋[編集]

  • 延金
  • 上澄
    • 澄打ち - 澄打ち用の紙を使い、延金を4段階に分けて打ち延ばす。
    • 仕立て - 1000分の3ミリメートルにまで打ち延ばした上澄を約20センチメートル角に裁断し箔屋へ送る。
ミャンマー(マンダレー)での箔打ちの様子

箔屋[編集]

  • 箔打ち
    • 引き入れ - 上澄を12枚ほどの小片に切り、箔打ち用の紙に挟む。
    • 打ち前 - 小片を挟んだ箔打ち用の紙を束ねて固定し、機械で打つ。箔打紙に移し替えて10000分の2~3ミリメートルまで箔を叩き延ばす。
    • 抜き仕事 - 打ちあがった箔を品質ごとに選別して、別々の広物帳に移す。
    • 箔移し - 製の枠で所定の大きさに切り揃え、三椏和紙に挟む。

これらの工程を経て、一般的には100枚を1単位とし販売される。

種類[編集]

縁付金箔[編集]

和紙製の箔打紙を使用して製造された金箔。光沢は柔らかく、叩き延ばされた時にできる格子状の跡が特徴。製造に手間と時間が掛かるため、高価である。

断切金箔[編集]

グラシン紙によって製造された金箔。強い光沢があり、表面に凹凸がない。製造工程が機械化され効率良く生産できるため、安価である。

合金比率[編集]

縁付金箔(五毛色)

金箔は一般的に銀と銅が一定の割合で混合され合金化されており、歩合によって名前が決まっている。以下その名前と金・銀・銅の歩合を示す[4]

種類 金(単位:%) 銀(単位:%) 銅(単位:%)
五毛色 98.91 0.49 0.59
一号色 97.66 1.35 0.97
二号色 96.72 2.60 0.67
三号色 95.79 3.53 0.67
四号色 94.43 4.90 0.66
仲色 90.90 9.09 0
三歩色 75.53 24.46 0
水色 59.74 40.25 0
定色 58.68 41.31 0

産地[編集]

シュヴァーバッハにある金箔が貼られた建物

日本[編集]

日本の金箔生産では、石川県金沢市が総生産量のうち99%を占める独占的な産地である。江戸時代初頭には箔打ちは幕府に独占されていたが、当時の加賀藩が密造を続けた末にその免許の獲得に成功したこと、高湿な気候が箔打ち作業に適していること、金沢市、輪島市七尾市といった金箔を大量に消費する漆器や仏壇の産地が近くにあったこと等が、主な理由である。

欧州[編集]

ドイツではバイエルン州ミッテルフランケンシュヴァーバッハが主要な産地であり、500年の歴史がある[5]。またフランスイタリアでも製造されている。

アジア[編集]

中国では東晋時代(317 - 420)から江蘇省南京において製造されており1700年の歴史がある[6]。またタイミャンマー[7][8]インドでも製造されている。

安全性[編集]

金は(王水の例外を除いては)強酸などとも反応しないため、食用された金は、胃酸などの消化液とは全く反応せず、体内を素通りしてそのまま排泄されてしまう。これが、(イオン化されていない)純金の食用が、人体に何の効用も毒性ももたらさないことの根拠である。また、金箔に微量に含まれる銀も、胃酸では溶解しない。

料理への使用例

金・銀ともに食品添加物として認可されており、製造用剤・着色料の目的で使われている。また、金・銀ともに、歯科用材料(いわゆる金歯・銀歯)として長らく使用されており、その安全性は実証されている。(※ 歯科で使われるのは充填材としてだと思う。詳細は直接金修復法を参照)

銅は人体の健康維持に必須なミネラルの一種で1日の必要量は成人男性で約1.8ミリグラム、成人女性で約1.6ミリグラム必要といわれている。多くの食物に含まれるため、偏食無く通常の食事をしている限り不足しにくく、1日平均2 - 5ミリグラムを食事から摂取し同量を自然に排泄しており、通常の食事による銅の過剰症の心配はない。ただし必要量の10倍以上、40ミリグラム以上摂取すると肝臓に蓄積され、過剰症になる場合もある。

銅も食品添加物(使用量基準指定)の一つとして認可されており、多くの食品に使われている。よって摂取量に注意は必要だが、金箔に使用される程度の微量では健康に影響しないといえる。

しかしながら金属金の表面にチオール基(SH)を有する物質が吸着すると、表面の金原子に水素が奪われ、金表面とイオウ原子に強固な相互作用が生じる。 このことから、消化管内においてSH基を有するシステイン残基を含んだタンパク質やペプチド、あるいはおならの臭いの元と言われるアリシンなどは金属金に吸着する可能性がある。 このとき、腸内細菌によるそれらタンパク質・ペプチド・アリシンの代謝には変化が現れる可能性がある。 したがって、純金の食用が人体に何の効用も毒性ももたらさないということは断言すべきではない。

消化できないセルロース断片などの食物繊維は健康時には腸から吸収されないだろうが、腸内環境という人体の健康には密接に関係しており、腸内の状態はホルモンバランスにも影響する。 また、活性炭であるクレメジンやイオン交換樹脂であるコレストンなどは、腸内で有害物質を排除することで慢性腎不全尿毒症を軽減したり、胆汁酸コール酸)を吸着して排泄させることで血中コレステロール値を低下させる効果を持った医薬品である。 これらの例を鑑みても、純金を食用する効果は検討すべき余地を持つ。

もっとも、イオン化された金カチオンや金のオキソ酸アニオンなどが消化管から血流中に輸送されると提案するためには、実験的根拠が必要であろう.これら金イオンに特異性を有するイオンチャネルイオンポンプが存在するという話には疑問がある。また、血流中に移行したとしても、何らかの血漿タンパク質に結合でもしなければ、そのまま腎臓から尿として排泄され、再吸収されることもないだろう。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 北國新聞社出版局『日本の金箔は99%が金沢産』時鐘舎 2006年 ISBN 978-4833015196

関連項目[編集]

外部リンク[編集]