道頓堀劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

道頓堀劇場(どうとんぼりげきじょう)は、北海道札幌市すすきの東京都渋谷区に存在するストリップ劇場2ヶ所のこと。区別のため札幌道劇渋谷道劇ともよばれる。ロック座東洋ショー劇場などと並んでストリップ業界大手の一角を占めている。

歴史[編集]

1970年1月16日に渋谷道頓堀劇場が開場した。一説では、「道玄坂劇場」という名称にするつもりが、手違いのため「道頓堀劇場」という劇場看板が完成してしまい、それをそのまま使用したのが名称の由来とも言われる。一方後述する幕間コントの出演者だった渡辺正行は「(漫才ブーム)当時はお笑いといえば関西のイメージが強く、関西の地名を出したほうが客が呼べるのではないかと思いこの名前になった」とも述べている(『徹子の部屋』2011年5月19日放送分より)。

開館から数年の間は、SMや本番ショーといった関西ストリップ系の過激な出し物が中心となっていたが、1985年風営法の改正がなされ、風俗業界への取り締まりが強化されるに及んで道頓堀劇場も大幅な路線転換を余儀なくされる。

そこで従来の過激路線から完全に脱皮を図り、著名な文学作品や演劇作品などをモチーフとして、いわゆる芸術的な要素を前面に押し出した集団劇形式のステージを行うようになった。また、同時期にスカウトされた清水ひとみ(その後、1999年から2007年まで道頓堀劇場社長)をはじめ、影山莉菜美加マドカといった若い踊り子を加入させ、ストリップ業界におけるアイドル路線の嚆矢となっていった。中でも清水ひとみは雑誌やスポーツ紙などマスコミにも取り上げられ、1986年にストリップから引退した後は女優としてテレビドラマなどに出演するなど、道頓堀劇場の知名度向上に貢献した。またこの時期に劇場の幕間コントに出演していたコメディアンから、後にビッグネームに育った者も少なくない。(後述)

こうして劇場が隆盛を迎えたが、地権者から劇場の立ち退きを要求され、渋谷道頓堀劇場は1995年末をもっていったん閉館した。その後清水ひとみら劇場関係者の尽力により、札幌道頓堀劇場を1999年4月にオープンするに至った。そして2001年6月には、かつて渋谷道頓堀劇場があった土地建物を親会社が買収し、渋谷道頓堀劇場を再オープンさせた。

札幌道頓堀劇場[編集]

北海道札幌市中央区に所在する。

札幌に唯一残ったストリップ劇場であったが、1999年の開場以来ずっと赤字だったと言われるなど、経営難がささやかれていた。そうした折、2007年4月28日に劇場支配人・従業員・踊り子など計7人が公然わいせつ罪の現行犯で北海道警中央署に逮捕された。支配人については求人情報誌で踊り子募集をしていたとして職業安定法違反の容疑で再逮捕され、先の公然わいせつ罪容疑とあわせ起訴された。その後8月17日札幌地裁で支配人に対し懲役2年執行猶予3年の有罪判決が言い渡された。

摘発後は2007年5月3日に一日だけ営業したが、その後長期間の休業となった。2009年1月21日に営業を再開したが、2010年1月11日から再び休業している[1]

渋谷道頓堀劇場[編集]

東京都渋谷区道玄坂百軒店の坂の途中に所在する。

2008年11月、経営者とダンサー、従業員らが、公然わいせつ及び同幇助の罪で逮捕され、2009年3月6日より240日間の営業停止処分を受けた。

かつてはコメディアン・杉兵助が所属していたこともあり、幕間コントにも注力していた時期がある。ここから巣立ったコメディアンとして、コント赤信号渡辺正行小宮孝泰ラサール石井)、ゆーとぴあ、はらみつお、中村有志ダチョウ倶楽部肥後克広上島竜兵寺門ジモン)、南部虎弾楠美津香らがいる。

所属ストリッパー[編集]

(敬称略)

現役者[編集]

非現役者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 札幌道頓堀劇場 - インターネット・アーカイブに記録された2010年1月5日時点のページ。1月11日から休業するとの記述がある。

外部リンク[編集]