西大山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西大山駅
「JR最南端の駅」を示す標柱
「JR最南端の駅」を示す標柱
にしおおやま - Nishi-Ōyama
大山 (2.5km)
(1.1km) 薩摩川尻
所在地 鹿児島県指宿市山川大山602
所属事業者 JR logo (kyushu).svg九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 指宿枕崎線
キロ程 56.7km(鹿児島中央起点)
電報略号 ニオ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
51人/日(降車客含まず)
-2012年-
乗降人員
-統計年度-
111人/日
-2012年-
開業年月日 1960年昭和35年)3月22日
備考 無人駅

西大山駅(にしおおやまえき)は、鹿児島県指宿市山川大山にある、九州旅客鉄道(JR九州)指宿枕崎線である。

概要[編集]

「JR日本最南端の駅」[編集]

北緯31度11分に位置し、1960年の開業以来長らく日本最南端の駅だったが、2003年沖縄都市モノレール線(ゆいレール)開業に伴い同線の赤嶺駅(北緯26度11分36秒)にその地位を渡した。その際、「日本最南端の駅」の標柱を「本土最南端の駅」に改めたが、「沖縄は本土ではないのか」との意見が寄せられたことから、2004年に表記を「JR日本最南端の駅」へ変更している[1]。なお、現存する普通鉄道(通常の軌条を用いた鉄道)の駅としては従来どおり日本最南端である。

一部の列車はこの駅で数分の停車時間を確保する乗客サービスを行っている[1]

入場券[編集]

無人駅であるため、記念入場券指宿駅で販売している[2]

駅ノート[編集]

有志により利用者が旅行の思い出などを自由に記入できる駅ノートが設置[1]されており、2007年8月現在の駅ノート設置者は駅近くの住人である。また土日には、駅ノート設置者による接待(冷たい麦茶など)がボランティアで行われることがあるほか、記念入場券を販売している事もある。

駅ノートを収納する壁面のボックスは、2006年に撤去されたのが確認されているが、2011年7月時点では透明のプラスチックケースに入った駅ノートがベンチに置かれている。なお、駅ノートに設置者が記述した文章によると、過去分は指宿駅にて保管しているという。

駅構造[編集]

下り列車進行方向(枕崎方面)に向かって右側に単式ホーム1面1線を有する地上駅無人駅で駅舎はない。

利用状況[編集]

  • 2012年度の1日平均乗車人員は51人である。
年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2003 12
2004 16
2005 14 28
2006 16 33
2007 10 19
2008 13 28
2009 22 44
2010 22 42
2011 49 98
2012 51 111

駅周辺[編集]

駅北側に漬物工場「中園久太郎商店」があり、併設する直売所兼観光案内所では当駅到達証明書の発行も行っている。この他は特段の施設は無く、周囲には畑が広がっている。周辺の地形は平坦であるほか国道226号が至近を通過しているため自動車によるアクセスは比較的容易であるが、『秘境駅へ行こう!』などの著書がある牛山隆信は、特に列車本数の少なさから到達が困難であることを理由として、当駅を「秘境駅」のひとつと定義している[3]

駅からは開聞岳が一望でき、この眺望と「最南端」の標識や車両をあわせてポスターなど広報写真の主題としてしばしば取り上げられている。また、駅付近にある「西大山踏切」は日本最南端の踏切である。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
指宿枕崎線
大山駅 - 西大山駅 - 薩摩川尻駅

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 西大山駅 - 指宿情報サイト IBUSUKING(指宿青年会議所、2013年4月25日閲覧)
  2. ^ 「JR最南端の駅・西大山」 (1) 西大山の入場券。 - 稲見駅長の鉄道だよ人生は!!(稲見眞一のブログ、中京テレビ、2011年04月18日付、2012年11月3日閲覧)
  3. ^ 秘境駅ランキング 151-200位(2013年度版) - 秘境駅へ行こう!(うっしー(牛山隆信)、2013年3月1日改訂、同年8月24日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 西大山駅(駅情報) - 九州旅客鉄道
  • 西大山駅 - いぶすき☆観光☆ネット(指宿市観光協会)