関門海峡めかり駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
関門海峡めかり駅
駅入口
駅入口
かんもんかいきょう めかり -
KANMONKAIKYŌ MEKARI
所在地 福岡県北九州市門司区門司
所属事業者 平成筑豊鉄道
所属路線 門司港レトロ観光線
キロ程 2.1km(九州鉄道記念館起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 2009年(平成21年)4月26日

関門海峡めかり駅(かんもんかいきょうめかりえき)は、福岡県北九州市門司区門司にある平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線(北九州銀行レトロライン)の終着。九州最北端の駅である。

駅名は、当初ネーミングライツ制度により命名される予定だったが、応募がなく、「船が行き交う関門海峡の大パノラマを楽しむことができる和布刈公園に位置する」という理由により命名された。なお、計画当時の仮駅名は和布刈公園駅であった。

駅横のめかり駅総合案内所で乗車券を販売している。

駅構造[編集]

プラットホーム1面1線を有する。当路線の終着駅であるが、線路はこの先、旧北九州市港湾局の田野浦公共臨港鉄道雨ヶ窪駅跡を経て瀬戸町車庫まで回送線として使用されている。駅横にはEF30形機関車とオハフ33形客車が保存されている。

駅周辺[編集]

九州の北端に近く(ただし最北端はこれより東側の太刀浦海岸)、道路を挟んで目の前に関門海峡が見える。駅西側は和布刈公園和布刈神社などがある。駅東側はガスタンクなどが建ち並ぶ。

駅の真下を山陽新幹線新関門トンネルが通る。

バス路線[編集]

  • 西鉄バス北九州 和布刈停留所
    • 74番(レトロ展望室)→ 門司港駅 → レトロ桟橋通 → 門司駅 → 砂津 → 小倉駅入口 → 中井口 → 戸畑渡場

歴史[編集]

隣の駅[編集]

平成筑豊鉄道
門司港レトロ観光線(北九州銀行レトロライン)
ノーフォーク広場駅 - 関門海峡めかり駅

関連項目[編集]