老人医学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

老人医学(ろうじんいがく、英語:geriatrics)は、日本ではまだ勃興期である。東京大学には既に医学部講座が設けられ、そのうち他大学にも広がっていくものと見られる。

実際のところ老人医学が本当の意味で存在しているのは、世界でもアメリカ合衆国くらいのものだが、小児科があるのだから老人科があってもいいというのは実際のところ正しい。老人というものは小児と同じくらい、成人と異なった病気発現様式を示す。特に感染症甲状腺疾患は老人において非典型的な臨床症状を示すため、たとえ老人科がなくとも老人科的な考え方をもつことは必要である。老人医療センターなら日本にもある。

生理[編集]

加齢に伴って起こる生理的(自然な)変化

関連学会[編集]

関連項目[編集]