赤血球沈降速度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

赤血球沈降速度赤沈血沈: erythrocyte sedimentation rate; ESR: Blutsenkungsgeschwindigkeit; BSG)は、赤血球が試薬内を沈んでいく速度。及び、速度を測る試験。

結核をはじめ、種々の疾患の診断に用いられる。

正常値は、一時間値が、男性で10mm以下、女性で15mm以下。二時間値が、男性25mm以下、女性で40mm以下。 赤血球沈降速度が正常値を超える原因には、赤血球やアルブミンの減少、ガンマグロブリンフィブリノゲンの増加などがある。 DICの際にはフィブリノーゲンが減少するため、炎症を反映しない。

この試験は1897年にポーランド人の医師Edmund Biernackiによって発明された。 1918年にスウェーデンの科学者ファレウス (Fahraeus) も同様の発表を行った。ファレウスは第一人者でないことを認めているが、赤血球沈降速度試験の発明者として広く知られている。

疾患・病態による変動[編集]

亢進[編集]

生理的変動

減少[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]