美麻村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みあさむら
美麻村
廃止日 2006年1月1日
廃止理由 編入合併
八坂村美麻村大町市
現在の自治体 大町市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
都道府県 長野県
北安曇郡
団体コード 20484-6
面積 66.21km²
総人口 1,239
国勢調査、2005年12月1日)
隣接自治体 大町市
上水内郡 信州新町小川村
北安曇郡 八坂村白馬村
村の木 スギ
村の花 オオヤマザクラ
村の鳥 ウグイス
美麻村役場
所在地 399-9192
長野県北安曇郡美麻村11399
大町市役所美麻支所(旧・美麻村役場)
外部リンク 美麻村(Internet Archive)
座標 北緯36度34分25.1秒
東経137度53分28.9秒
美麻村の県内位置図
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

美麻村(みあさむら)は、長野県北安曇郡に存在したである。 2006年1月1日、隣接する八坂村とともに大町市へ編入された。村名はの産地であったことに由来する。

地理[編集]

長野県の北西部に位置し、周りを1000m級の山々に囲まれた山村である。

村域の大部分は信濃川の支流である犀川流域である。村内に端を発する犀川の支流は、土尻川、金熊川・当信川、稲尾沢川であり、それぞれ東、南、西と全くの別方向へと流下する。村北部の一部のみ姫川の流域であり、支流の谷内川が北へと流下する。

村西部の新行地区はそばの里として有名である。

  • 山:権現山、尼子山
  • 河川:土尻川、金熊川、当信川、稲尾沢川、谷内川

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

行政[編集]

警察署

消防署

  • 北アルプス広域消防本部大町消防署

姉妹都市[編集]

国内[編集]

海外[編集]

交通[編集]

道路[編集]

バス[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 旧中村家住宅(国の重要文化財)
  • 新行高原
  • 麻の館
  • 美麻温泉
  • 静かの桜 - 静御前が奥州と大塩を間違えてたどり着き、そこで亡くなりその時、地面に刺さった杖から芽吹いたという、イヌザクラの巨木「静の桜」別名「千年桜」がある。

その他[編集]

  • この地域では隣接の八坂村とともに山村留学制度が実施されている(山村留学センターと地域の山村農家を併用する方式)。
  • 大町市との合併に従い、旧美麻村の公式サイトは無くなってしまったが、現在は大町市美麻地区のウェブサイトとして「美麻Wiki」が有志により運用されている。
  • 美麻村の由来となった麻作りは1900年代にはその製品の良さが全国で知られ、美麻で作られた麻糸は講道館の柔道畳の表に経糸として使われていた。[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『柔道 27巻 10号』講道館1956年10月。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]