第1機甲師団 (アメリカ軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第1機甲師団
1st US Armored Division SSI.svg
創設 1932年 1月16日
廃止 1945年 4月25日
再編成 1951年 3月7日
所属政体 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所属組織 Seal of the US Department of the Army.svgアメリカ陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 機甲師団
人員 約15,000名
所在地 ドイツ ヘッセン州
フォート・ブリス
フォート・ライリー
愛称 オールド・アイアンサイズ
Old Ironsides
上級単位 陸軍総軍
最終上級単位 第3軍団
主な戦歴 第二次世界大戦
*トーチ作戦
朝鮮戦争
湾岸戦争
イラク戦争
テンプレートを表示

第1機甲師団(だいいちきこうしだん、U.S.Army 1st Armored Division)は、アメリカ陸軍師団の一つ。アメリカ陸軍で最初に編制された機甲師団であり、第二次世界大戦や湾岸戦争などに投入されている。

概要[編集]

1932年に編制された、実験的な機甲部隊が前身となっている。編制は騎兵部隊に範をとったものであった。その後、いくつかの騎兵連隊が機械化されるなど、機械化部隊が増強され、その運用に経験が蓄積されるようになった。1940年に第7騎兵旅団を改編され、第1機甲師団(3個騎兵連隊基幹)となっている。

初陣は、第二次世界大戦中のトーチ作戦(1942年)である。1943年にはイタリア戦線に投入された。1946年には一度、廃止されたが、1951年には朝鮮戦争に伴い再編制された。1971年にはドイツに移駐している。1990年には、サウジアラビアに派遣され、1991年湾岸戦争に投入されている。その後、ボスニアの平和維持活動にも派遣され、イラク戦争に際しても部隊を派出している。

編制[編集]

現在、第1機甲師団は、師団司令部の隷下に、2個重旅団戦闘団と2個歩兵旅団戦闘団、1個歩兵旅団戦闘団(評価・試験任務)、その他の師団直轄部隊を配して編制されている。また、師団司令部は、NBC対策部隊など特殊兵科の部隊とともに、師団特別任務大隊(Special Troops Battalion)を編制している。

  • 師団特別任務大隊
  • 第1旅団戦闘団(HBCT) - 「レディ・ファースト・ブリッジ
    • 第1旅団特別任務大隊
    • 1/36歩兵大隊(第36歩兵連隊 第1大隊)
    • 1/37機甲大隊(第37機甲連隊 第1大隊)
    • 6/1騎兵大隊(第1騎兵連隊 第6大隊)
    • 2/3野戦砲兵大隊(第3野戦砲兵連隊 第2大隊)
    • 第501旅団支援大隊
  • 第2旅団戦闘団(IBCT) - 「アイアン・ブリッジ」
    • 第2旅団特別任務大隊
    • 1/6歩兵大隊(第6歩兵連隊 第1大隊)
    • 2/6歩兵大隊(第6歩兵連隊 第2大隊)
    • 1/35機甲大隊(第35機甲連隊 第1大隊)
    • 4/27野戦砲兵大隊(第27野戦砲兵連隊 第4大隊)
    • 第40工兵大隊
    • 第47旅団支援大隊
  • 第3旅団戦闘団(IBCT) - 「ブルドッグス
  • 第4旅団戦闘団(HBCT) - 「ハイランダーズ
    • 第4旅団特別任務大隊
    • 4/6歩兵大隊(第6歩兵連隊 第1大隊)
    • 1/77機甲大隊(第77機甲連隊 第1大隊)
    • 2/13騎兵大隊(第13騎兵連隊 第2大隊)
    • 2/29野戦砲兵大隊(第29野戦砲兵連隊 第2大隊)
    • 第121旅団支援大隊
  • 第5旅団戦闘団(評価試験部隊)
    • 第5旅団特別任務大隊
    • 第1混成大隊
    • 第2混成大隊
    • 野戦砲兵大隊
    • 旅団支援大隊
  • 航空旅団 - 「アイアン・イーグル
    • 本部および本部中隊(HHC)
    • 1/501航空大隊(第501航空連隊 第1大隊)
    • 2/501航空大隊(第501航空連隊 第2大隊)
    • 3/501航空大隊(第501航空連隊 第3大隊)
    • 4/501航空大隊(第501航空連隊 第4大隊)
    • 第127航空支援大隊
第1機甲師団の組織図。ただし第5旅団戦闘団は描かれていない。


師団長[編集]

  • マーク・P・ハーティング少将(現在)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

第1機甲師団公式ホームページ