第106歩兵師団 (アメリカ軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第106歩兵師団
創設 1943年 3月15日
廃止 1945年 10月2日
所属政体 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所属組織 アメリカ陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
愛称 ゴールデン・ライオン
Golden Lion
主な戦歴 第二次世界大戦
西部戦線 (第二次世界大戦)
バルジの戦い
テンプレートを表示

第106歩兵師団(だいひゃくろくほへいしだん、U.S.Army 106th Infantry Division)は、アメリカ陸軍師団の一つ。第二次世界大戦時の欧州戦線に投入された。愛称は「金獅子師団(Golden Lion Division)」。

概要[編集]

1944年11月17日にイギリスに到着し、12月6日にフランスに移動した。12月11日には、シェネ・アイフェル高地で第2歩兵師団の戦闘を支援している。12月16日から開始されたドイツ軍の攻勢(バルジの戦い)において、第5装甲軍の初期攻勢を受け、配下の2個連隊(第442、第443)が包囲されている。アメリカ第7機甲師団が救援に向かったものの間に合わず、2個連隊は18日にドイツ軍に降伏している。師団の残余は撤退し、第424連隊を核に再編成を行い、第7機甲師団に増援として付けられた。

1944年12月25日から1945年1月9日にかけて補充を受け、アルデンヌ方面の戦闘に投入された後、フランスへ後退し、失われた2個連隊の再編成に入っている。その後、捕虜の警備任務を行い、ドイツの降伏を迎えることとなる。

年表[編集]

  • 編成 1943年3月15日。
  • 国外出動 1944年11月10日
  • 主な戦歴 第二次世界大戦・西部戦線(北フランス、アルデンヌ)
  • 帰国 1945年10月1日
  • 解散 1945年10月2日