第5軍団 (アメリカ軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第5軍団
V Corps.svg
肩章
活動期間 1862–1865;
1898;
1918–1919;
1940–2013
所属政体 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所属組織 Seal of the US Department of the Army.svgアメリカ陸軍
部隊編制単位 軍団
所在地 ドイツハイデルベルク
愛称 勝利軍団
標語 It will be done
上級単位 アメリカ欧州陸軍
主な戦歴 南北戦争
米西戦争
第一次世界大戦
第二次世界大戦
イラク戦争
テンプレートを表示

第5軍団V Corps)は、アメリカ陸軍の軍団の一つ。

概要[編集]

2013年に閉隊されるまで、軍団はアメリカ欧州陸軍/第7軍の唯一の実戦部隊として、ドイツハイデルベルクに司令部を置いていた。

第5軍団は、ポトマック軍(Army of the Potomac)の隷下に、1862年5月18日に創設された。この時期、ポトマック軍は半島方面作戦に参加しており、軍団もこれに加わった。軍団はまた、有名な七日間の戦いにも参加した。軍団は1865年6月28日に解隊された。その後、軍団は米西戦争第一次世界大戦第二次世界大戦を歴戦し、第二次大戦末期にはノルマンディー上陸作戦に参加してオマハ・ビーチに上陸した。

戦後、軍団は1946年まで占領業務に従事したのち帰国したが、1951年6月には再びドイツに派遣された。冷戦期間中、第5軍団は第7軍団とともに第7軍の主力部隊となり、フルダ渓谷の防衛にあたった。この期間中、第5軍団の隷下には、第1歩兵師団第1機甲師団の2個師団が配属されていた。

第5軍団の隷下部隊は湾岸戦争に参加したものの、軍団としての参加はなされなかった。湾岸戦争後、第7軍団がそのままアメリカ本土に帰還したことにより、第5軍団は第7軍隷下の唯一の実戦部隊となった。1990年代、由緒ある部隊である第173空挺旅団が再編成され、軍団に配属された。

米軍再編において、第5軍団の主力部隊であった第1歩兵師団と第1機甲師団はヨーロッパを去ることとなり[1]これら2個師団のかわりに第2騎兵連隊(ストライカー旅団戦闘団)と第12戦闘航空旅団が配属された。これにより、第5軍団の戦力はかなり削減されたことから、第5軍団としての組織を解体して、これらの旅団級部隊は欧州陸軍(第7軍)の直轄下とすることも検討された。しかし一時期、第5軍団の隷下には、さらに2個の重旅団戦闘団(第170歩兵旅団および第172歩兵旅団)が配属され、第5軍団は、2個重旅団戦闘団と1個ストライカー旅団戦闘団、1個歩兵旅団戦闘団から編成されていた。最終的に2013年6月12日に閉隊された[2]

編制[編集]

脚注[編集]

  1. ^ なお、第1歩兵師団は統合戦力軍に配属替えされたが、第1機甲師団は、アメリカ本土に駐屯しているものの、指揮系統上は、第5軍団の隷下にあった。
  2. ^ http://www.eur.army.mil/news/2013/20130612_V-Corps_inactivation.html

外部リンク[編集]