第10山岳師団 (アメリカ軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第10山岳師団 (アメリカ軍)
10th Mountain Division SSI.svg
第10山岳師団
創設 1943年7月15日
廃止 1958年
再編成 1985年~現在
所属政体 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所属組織 アメリカ軍
アメリカ陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵(山岳戦)
人員 約8,700名
所在地 ニューヨーク州フォート・ドラム
愛称 マウンテナーズ
標語 Climb to Glory'(栄光に登る)
上級単位 第18空挺軍団
主な戦歴 第二次世界大戦
朝鮮戦争
湾岸戦争
ソマリア内戦
(モガディシュの戦闘)
アフガニスタン侵攻 (2001)
イラク戦争
テンプレートを表示

第10山岳師団(だいじゅうさんがくしだん、U.S.Army 10th Mountain Division)は、アメリカ陸軍師団のひとつ。第18空挺軍団隷下で山岳戦雪中戦を専門とする。司令部はニューヨーク州フォート・ドラム。

歴史[編集]

第10歩兵師団は、最初、第一次世界大戦中に編成された。しかしこれは通常の歩兵師団であって、現在の第10山岳師団とは、師団番号以外の共通点はほぼ皆無である。

1939年から1940年にかけて戦われた冬戦争で、フィンランド国防軍山岳戦雪中戦の戦技を駆使してソ連軍を翻弄した。これに着目したのが全米スキーパトロール協会(NSP)の創設者であったドールであり、アメリカ陸軍にも、山岳戦・雪中戦を専門とする部隊を創設するように運動した。これによって、1941年12月8日、最初の山岳部隊として第87山岳歩兵大隊が創設され、のちには第87歩兵連隊に拡充された。

第10軽師団(アルペン)は、1943年7月10日、第87歩兵連隊に第85歩兵連隊と第86歩兵連隊を加えた3個歩兵連隊を基幹として編成された。第10師団は砲兵大隊を3個しか持たないという点で、通常の師団とは異なっていた。その後、第二次世界大戦の推移に伴い兵力数が増加し、1944年11月6日に第10山岳師団として正式に組織された。ただし、大戦の終結後、陸軍が動員解除して体制を縮小するのに伴って、第10山岳師団も解体された。

第10山岳師団が復活するのは、1985年になってからのことである。これは、1983年にウィッカム陸軍参謀総長が発表したAOE軽歩兵師団構想に対応したものであった。AOE軽歩兵師団構想では、常備軍・予備役・州兵で合計5個の軽歩兵師団を編成することとなっており、山岳戦部隊の伝統を有する第10山岳師団は、まさにAOE構想を先取りしたものと考えられたためであった。再編された第10山岳師団は、緊急展開部隊である第18空挺軍団の主力部隊のひとつとして位置づけられ、今日まで、アメリカ陸軍の常備師団10個の1つとして活躍している。

特徴[編集]

名前が示すとおり、山岳戦を専門としており、雪山戦闘のための特別な訓練も施されている。アメリカ陸軍に10個ある常備師団のうち、山岳戦を得意とするのは本師団のみである。

軽歩兵師団の編成に基づき戦車などの機械化装備をほとんど保有していない一方、空挺降下ヘリコプターを利用した機動的な戦術を得意としている。このため、突発的な戦争が発生した場合には、そのフットワークの軽さを武器に、第18空挺軍団を構成するほかの師団、すなわち第101空挺師団第82空挺師団とともに、真っ先に戦場に投入される。

編制[編集]

2010年現在、第10山岳師団は、師団司令部の隷下に、4個歩兵旅団戦闘団と1個戦闘航空旅団、およびその他の師団直轄部隊によって編成されている。なお、師団司令部は、その他の特殊な兵科の部隊(NBC対策部隊など)とともに、師団特別任務大隊(Special Troops Battalion)を編制している。

  • 航空戦闘旅団ファルコンズ
    • 旅団司令部および司令部中隊(HHC)
    • 2/10航空大隊(第10航空連隊 第2大隊; 戦闘担当)
    • 3/10航空大隊(第10航空連隊 第3大隊; 後方支援担当)
    • 6/6騎兵大隊(第6騎兵連隊 第6大隊; 攻撃担当)
    • 3/17騎兵大隊(第17騎兵連隊 第3大隊; 攻撃担当)
    • 第277航空支援大隊
  • 第10戦闘支援旅団「ミュールスキナー
    • 第7技術支援大隊
    • 第91憲兵大隊
    • 第548戦闘支援大隊


第10山岳師団の編成図


関連項目[編集]

外部リンク[編集]