石崎琴美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石崎 琴美(いしざき ことみ、1979年1月4日 - 、35歳)は、日本女子カーリング選手

人物

北海道帯広市出身。帯広市立帯広南商業高等学校卒業。身長166cm。体重54kg。右利き2002年ソルトレイクシティオリンピック2010年バンクーバーオリンピックカーリング競技女子日本代表。ヘアーアートカレッジ木浪学園所属。

来歴

2007年
  • 9月、体調不良を理由に休養に入った「チーム青森」のリード寺田桜子の代理として同チームへ加入[2]
  • 同年11月、第17回パシフィックカーリング選手権出場。最終順位は2位。 なお2試合総当たり戦終了時の成績は7勝1敗で中国チームと1位タイであった。そのため事前に行われた[3]、両チーム各4人がストーンを投げ、ハウスの中心までの合計距離を競う「チームドロー」の結果により順位が決定[4]、日本チーム(=「チーム青森」)は同選手権2位となった。その後、同選手権ルールにより[5]同3位の韓国チームと世界選手権出場チーム決定戦を行い、これに勝利。日本女子チームの第30回世界女子カーリング選手権(2008年開催)への出場権を獲得した[6]
  • 12月、寺田桜子の脱退に伴い、「チーム青森」に正式加入[7]
2008年

主な成績

2000年
第22回世界女子カーリング選手権スコットランド グラスゴー):9位 - リザーブ
第10回パシフィックカーリング選手権カナダ クオーリーカムビーチ):優勝 - リザーブ
2001年
第18回日本カーリング選手権(北海道 常呂町):2位(河西建設)
2002年
ソルトレイクシティ冬季オリンピック(アメリカ ソルトレイクシティ):8位 - リザーブ
第19回日本カーリング選手権(北海道 常呂町):2位(河西建設)
第12回パシフィック選手権ニュージーランド クイーンズタウン):優勝 - リード
2003年
第20回日本カーリング選手権長野県 軽井沢町):優勝 (河西建設)
第25回世界女子カーリング選手権カナダ ウィニペグ):10位 - リード
第13回パシフィック選手権青森県 青森市):優勝 - リード
2004年
第21回日本カーリング選手権(北海道 妹背牛町):3位 (河西建設)
第26回世界女子カーリング選手権スウェーデン イエブレ):7位 - リード
2007年
第17回パシフィックカーリング選手権(中国 北京):2位 - リード
2008年
第25回日本カーリング選手権: 優勝 (チーム青森)
軽井沢国際カーリング選手権大会2008(長野県 軽井沢町): 準優勝
第30回世界女子カーリング選手権(カナダ ヴァーノン): 4位
2010年
2010年バンクーバー冬季オリンピック:8位
第27回日本カーリング選手権: 優勝 (チーム青森)
第32回世界女子カーリング選手権(カナダ スウィフトカレント): 11位
第20回パシフィックカーリング選手権(韓国 慶尚北道義城郡):3位 - リード
2011年
第28回日本カーリング選手権 準優勝 (チーム青森)
2012年
第29回日本カーリング選手権 3位 (チーム青森)

出演

CM

脚注

  1. ^ 十勝毎日新聞2003年3月1日十勝毎日新聞2003年11月30日 2010年10月16日閲覧
  2. ^ 「チーム青森の寺田選手が休養」 東奥日報、2007年9月3日(月)
  3. ^ 「チーム青森が5勝目/P選手権 」 東奥日報、2007年11月22日(木)
  4. ^ 「チーム青森が2位/P選手権」 東奥日報、2007年11月24日(土)
  5. ^ 2007PACIFIC CURLING CHAMPIONSHIPS RESULT 日本カーリング協会
  6. ^ 「日本女子が世界選手権出場権獲得」 東奥日報、2007年11月24日(土)
  7. ^ 「寺田桜子がチーム青森を離脱」 東奥日報、2007年12月18日(火)
  8. ^ 「チーム青森が3連覇/日本選手権」 東奥日報、2008年2月11日(月)
  9. ^ 「チーム青森は準優勝/軽井沢国際」 東奥日報、 2008年2月18日(月)
  10. ^ 「チーム青森、スイスに敗れ4位」 東奥日報、2008年3月30日(日)

関連項目

外部リンク