近江谷杏菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおみや あんな
近江谷 杏菜
生誕 1989年10月12日(24歳)
日本の旗 日本北海道常呂町
出身校 北海道網走南ヶ丘高等学校
職業 カーリング選手(青森市役所勤務)

近江谷 杏菜(おおみや[1] あんな、1989年10月12日 - )は、日本の女子カーリング選手。

人物

北海道北見市(旧常呂町)出身、身長165cm。体重63kg。右利き北海道網走南ヶ丘高等学校卒業。社団法人日本カーリング協会 (JCA) 強化指定選手。青森市役所に勤務し、現在は青森市スポーツ会館勤務。(2014年3月末で退社)

父の近江谷好幸は、1998年長野オリンピックカーリング競技男子日本代表選手で、2002年ソルトレイクシティオリンピックカーリング競技女子日本代表(シムソンズ)コーチを務めた。 実妹の近江谷七海も、父、姉同様にカーリング選手を目指している。

来歴

  • 常呂小学校4年の10歳よりカーリングを始める。
  • 2002年本橋麻里を中心としたチーム「マリリンズ」で北海道ジュニアカーリング選手権3位、日本ジュニアカーリング選手権優勝、世界ジュニアカーリング選手権10位。
  • その後近江谷がスキップの「キャンディ ストリッパー」(後に「grace」と改名)を結成する。
  • 「grace」で、2003年度・2004年度北海道ジュニアカーリング選手権優勝。2004年度日本ジュニアカーリング選手権3位、2005年度北海道ジュニアカーリング選手権2位。2006年第1回全国高校カーリング選手権・2007年第2回同選手権(北海道選抜として出場)を2連覇する。
  • 2005年度より北海道協会所属「チーム近江谷」(=「grace」)としてJCAジュニア強化チームB指定を受ける。
  • 2006年公開映画『シムソンズ』に北海道大会決勝で対戦する相手チーム「北見エンジェルス」の選手として出演する。
  • 2007年11月の第17回パシフィックカーリング選手権で日本代表(チーム青森)臨時リザーブに入る。
  • 2008年1月に正式にチーム青森へ参加する。
  • 「チーム青森」は2008年第25回日本カーリング選手権で優勝し、2008年第29回世界女子カーリング選手権へ日本代表として出場し、4位となった。
  • 2009年11月7日バンクーバーオリンピック女子カーリング競技日本代表決定戦に、サードとして出場し、チーム長野に4勝0敗(アドバンテージ2勝含む)と勝利し、オリンピック代表を獲得。これにより父娘による冬季オリンピック日本代表選手となることが事実上決まった。
  • 2010年2月、バンクーバーオリンピックにサードとして出場し良いスタートを切るが、途中で極度の不振に陥り、第7戦以降スターティングメンバーから外れた。
  • 2014年3月、勤務していた青森市役所を退社し、同時にチーム青森からも脱退。4月からは故郷の北海道に戻り、現在は北海道銀行フォルティウスでプレーしている。

主な成績

2002年
北海道ジュニアカーリング選手権 3位
日本ジュニアカーリング選手権 優勝
世界ジュニアカーリング選手権 10位
2003年
北海道ジュニアカーリング選手権 優勝
2004年
北海道ジュニアカーリング選手権 優勝
日本ジュニアカーリング選手権 3位
2005年
北海道ジュニアカーリング選手権 2位
2006年
全国高校カーリング選手権 優勝
2007年
全国高校カーリング選手権 優勝
パシフィックジュニアカーリング選手権 4位
パシフィックカーリング選手権 2位
2008年
日本カーリング選手権 優勝
世界女子カーリング選手権 4位
パシフィックカーリング選手権 3位
2009年
日本カーリング選手権 優勝
パシフィックカーリング選手権 2位
2010年
2010年バンクーバー冬季オリンピック:8位
日本カーリング選手権 優勝
世界女子カーリング選手権 11位
パシフィックカーリング選手権 3位
2011年
日本カーリング選手権 2位
2012年
日本カーリング選手権 3位

出演

CM

関連項目

脚注

  1. ^ 日本語の正書法では「おうみや」だが、本人のブログでの自己紹介およびJOCの表記に従う。

外部リンク