白雲母

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白雲母
白雲母
分類 ケイ酸塩鉱物
(フィロケイ酸塩鉱物)
シュツルンツ分類 9.EC.15
Dana Classification 71.2.2a.1
化学式 KAl2□AlSi3O10(OH)2
結晶系 単斜晶系
へき開 一方向に完全
モース硬度 2.5 - 3.5
光沢 真珠光沢
無色白色黄色
条痕 白色
比重 2.9
文献 [1][2][3]
主な変種
絹雲母 微細な白雲母
クロム白雲母 クロム白雲母
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

白雲母(しろうんも、muscovite[4])は、ケイ酸塩鉱物(フィロケイ酸塩鉱物)の一種。化学組成は KAl2□AlSi3O10(OH)2結晶系単斜晶系まれに三斜晶系のものもある[要出典]雲母グループのうち、2八面体雲母に属する。

産出地[編集]

火成岩花崗岩など)や変成岩片麻岩結晶片岩)にごく普通に含まれる造岩鉱物ペグマタイトには大きな結晶が産する。

日本では、各地のペグマタイト鉱床から広範に産出し、福島県石川町周辺は、大型結晶を多産する地域として著名である。

性質・特徴[編集]

和名のとおり、白色または透明で、組成によっては黄色褐色などの色がついているものもある。

比重は2.9。モース硬度は2.5。

K のかわりに Na が入ったものはソーダ雲母英語版(NaAl2□AlSi3O10(OH)2)であるが、外見上からは見分けにくい。

変種[編集]

絹雲母sericite、セリサイト)
微細な白雲母[5]粘土鉱物の一種。
クロム白雲母(fuchsite、フクサイト)
クロム白雲母[5]

用途・加工法[編集]

白雲母の薄層

大型結晶は造山運動の盛んな場所から発見され、採掘し、利用されている。

耐熱性のある絶縁材料として、真空管アイロンの内部、そしてマイカコンデンサに用いられた。耐熱性のある透明材料として、ストーブののぞき窓にはめるなどの使い方もされる。微粉砕したものを、プラスチック塗料に混ぜて、真珠光沢を持たせる顔料としても使われている。

その他[編集]

Muscovite は、18世紀に用いられていた名称である「モスクワガラス」に由来するが、この名称は、ウラル山脈産の白雲母が、モスクワ経由でヨーロッパへ輸出されたことによるものである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 理科年表 平成20年』 国立天文台編、丸善2007年、645頁。ISBN 978-4-621-07902-7
  2. ^ Muscovite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=2815 2012年4月14日閲覧。  (英語)
  3. ^ Muscovite, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Muscovite.shtml 2012年4月14日閲覧。  (英語)
  4. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、133頁。ISBN 4-8181-8401-2
  5. ^ a b 松原聰宮脇律郎 『日本産鉱物型録』 東海大学出版会国立科学博物館叢書〉、2006年ISBN 978-4-486-03157-4

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]