清水沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
清水沢駅
駅舎(2012年8月)
駅舎(2012年8月)
しみずさわ - Shimizusawa
Y22 南清水沢 (1.5km)
(6.6km) 鹿ノ谷 Y24
所在地 北海道夕張市清水沢三丁目
駅番号 Y23
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 石勝線(夕張支線)
キロ程 8.2km(新夕張起点)
電報略号 シミ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
20人/日(降車客含まず)
-2007年-
開業年月日 1897年明治30年)2月16日
備考 社員配置駅
清水沢駅
しみずさわ - Shimizusawa
(4.1km) 遠幌
所属事業者 三菱石炭鉱業
所属路線 大夕張鉄道線
開業年月日 1911年(明治44年)6月1日
廃止年月日 1987年昭和62年)7月22日
1976年の夕張線(当時)の清水沢駅と周囲約1km×1.5km範囲。上が夕張方面。下が紅葉山方面及び右上へ向けて大カーブを切る三菱石炭鉱業大夕張鉄道南大夕張方面(上)及び北炭清水沢炭鉱の石炭積み込み線(下)。ホームは夕張に向かって右側にある駅舎に接する大夕張鉄道の単式ホーム1面1線と、間に4本の留置線を挟んで夕張線用の島式ホーム1面2線が長い跨線橋で連絡するという、国鉄側が駅舎から遠い一風変わった配線になっている。大夕張鉄道のカーブの下には転車台が残されている。北炭の積み込み施設は沼ノ沢の夕張新炭鉱に先立つ1980年の閉山後暫くして解体された。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

清水沢駅(しみずさわえき)は北海道夕張市清水沢3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線(夕張支線)のである。駅番号Y23電報略号シミ

概要[編集]

かつては石炭を運ぶ貨物列車が多く往来し、三菱大夕張炭鉱南大夕張炭鉱の両鉱から石炭を運び出す三菱石炭鉱業大夕張鉄道線との結節点として栄えたが、両鉱の閉山により石炭輸送は廃止され、現在は旅客列車のみが発着する。

新夕張 - 清水沢間は北海道最後のタブレット閉塞方式の鉄道路線で、日本国内でも数少なくなった腕木式信号機が使われていた。2004年3月7日限りで交換設備は廃止され、北海道からタブレット閉塞と腕木式信号機は同時に姿を消した。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線のみを持つ地上駅。交換を行っていた時代は島式ホーム1面2線であった。現在は旧2番のりば(旧下り線)を使用している。ホームと駅舎との間に跨線橋があったが現存しない。駅舎のあたりと線路の向こう側との間に、歩道橋がある。

新夕張駅管理の社員配置駅である。営業時間は7時10分 - 14時00分(日曜・祝日休み)。みどりの窓口はない。

三菱石炭鉱業大夕張鉄道線のほか、北炭清水沢炭鉱専用側線も接続して多数の側線を有していた。

利用状況[編集]

  • 2007年度の1日平均乗車人員は20人である。
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 48
2001 45
2002 32
2003 35
2004 24
2005 22
2006 21
2007 20

駅周辺[編集]

1940年代までは農業地帯であったが、その後炭鉱開発により発展した。かつては東部の大夕張地区との接点でもあり賑わったが、現在はその面影も少ない。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
石勝線(夕張支線)
南清水沢駅 (Y22) - 清水沢駅 (Y23) - 鹿ノ谷駅 (Y24)
三菱石炭鉱業
大夕張鉄道線(廃止)
新清水沢駅) - 遠幌駅

参考文献[編集]

  • 奥山道紀・赤城英昭 『三菱鉱業大夕張鉄道』 ネコ・パブリッシング〈RM LIBRARY 47〉、2003年、ISBN 4777050025

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “石勝線「楓駅」営業終了に伴う臨時列車の運転について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2004年2月25日), https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2003/040225.pdf 2014年7月5日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]