海軍無線電信所船橋送信所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯35度43分11.7秒 東経139度58分17.5秒 / 北緯35.719917度 東経139.971528度 / 35.719917; 139.971528

海軍無線電信所船橋送信所全景

海軍無線電信所船橋送信所(かいぐんむせんでんしんじょふなばしそうしんじょ)は現在の千葉県船橋市行田にあった無線電信所である。地元民からは行田無線行田の無線塔などとと呼ばれた。

概要[編集]

行田公園の船橋無線塔記念碑、東西の広場を分ける道路から西広場入口付近にある。
上:白いL字型の石のオブジェ
中:「船橋無線塔記念碑」
下:「碑文

この施設は日露戦争後、聯合艦隊の行動範囲の拡大に伴い東京近郊の東葛飾郡船橋町周辺にある塚田村行田(現船橋市行田)に設置された海軍の無線電信施設で太平洋戦争(大東亜戦争)の時に真珠湾攻撃部隊に「ニイタカヤマノボレ1208」の電文を送信した事で一般に広く知られている。

無線関係の機器一式はドイツテレフンケン社製のものが採用され、ジーメンス社に発注が行われた。1913年に着工したが翌1914年第一次世界大戦が起こり日本がドイツに宣戦布告をしたことからジーメンス社の技術者が図面を焼却、帰国してしまい工事は困難を極めたが、1915年4月には開所式が行われ、同年7月ハワイとの間で通信試験に成功。8月より正式に軍用通信が開始された[1]

1916年には逓信省の通信所が併設され、外国航行船舶等に乗り組み日本を遠く離れていた船員達に大相撲の結果などを知らせ喜ばれるなど、民間向けにも利用されたという記録も残っている。ハワイの無線局と日米間通信が1924年まで行われたが、中でも1923年に起こった関東大震災の際には銚子無線電信所と共に通信が壊滅状態になった東京都心の被害情報を横浜港に停泊中の船舶からの打電を受信して新聞社が集まる大阪市など国内外に発信、救援活動に多大な貢献をした。なお、この出来事は船橋の名を広く世界に知らせるきっかけとなった。

また同年、霞ヶ関海軍省内に受信所が置かれたため名称が「海軍無線電信所」から「海軍無線電信所船橋送信所」に改められた。

昭和10年代には写真で見るように無線等の鉄塔に建て替えられた。鉄塔の高さは約60メートルから200メートル近くあるものもありランドマーク的な役割を担い、船橋市民(特に西船橋周辺の地域の住民)に親しまれた。戦後は、進駐軍が接収し1966年に返還されたが1971年5月19日から解体が開始された(1972年まで)。

船橋市行田の空中写真。1989年撮影。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

今日ではモニュメント(記念碑)が残されるのみだが送信所特有の円形の道路区画などはそのまま生かされている。跡地には学校や団地・県立公園などの施設などが併設されている。

なお電信所の鉄塔は水田や田畑の間に建っていたため、電信所施設以外は耕作などのため立ち入る事が可能だった。行田無線塔跡は2008年電気通信技術の歩みを物語る近代化産業遺産群として近代化産業遺産に指定された。

歴代所長[編集]

  1. 徳田伊之助[2] 少佐:1915年2月5日 - 1916年4月12日
  2. 石田正一 少佐:1916年4月17日 - 1918年9月18日
  3. 福井愛助 少佐:1918年9月18日 - 1919年7月4日
  4. 大澤玄養 少佐:1919年7月4日 - 1920年1月19日
  5. 高山貞三郎 少佐:1920年1月19日 - 1921年11月22日
  6. 糟谷季之助 少佐:1921年11月22日 - 1922年2月21日
  7. 藤田寅治 少佐:1922年2月21日 - 1923年2月14日
  8. 田中茂支 中佐:1923年2月14日 - 1927年12月3日
  9. 渡辺鐐一 中佐:1927年12月3日 - 1929年11月30日
  10. 武田哲郎 中佐:1929年11月30日 -

脚注[編集]

  1. ^ 「県立行田公園の概要」と題する公園内の案内板には「大正4年海軍省によって建設」と記載がある。
  2. ^ 少将阿武隈艦長等を務めた。

参考文献[編集]

  • 船橋無線塔記念碑の碑文は次の様に書かれている。

ここ下総台地の一角にかつて無線塔が聳えていた。大正4年(1915年)に船橋海軍無線電信所が創設された。大正5年にはハワイ中継でアメリカのウイルソン大統領と日本の大正天皇とで電波の交信があった。広く平和的にも利用されたのでフナバシの地名がはじめて世界地図に書きこまれた。大正12年(1923年)の関東大震災の時には救援電波を出して多くの人を助けた。昭和16年(1941年)の頃には長短波用の大アンテナ群が完成し、太平洋戦争開幕を告げる「ニイタカヤマノボレ一二〇八」の電波もここから出た。船橋のシンボルとして市民に親しまれていたが昭和46年(1971年)5月解体され栄光の歴史を閉じた。

  • 船橋市郷土資料館編『絵はがき - 写真に残された明治~大正~昭和』 船橋市郷土資料館、2005年
  • 滝口昭二監修『目で見る船橋の100年』 郷土出版社、2007年
  • 水交会編 『回想の日本海軍』 原書房1985年
  • 海軍歴史保存会 『日本海軍史 第10巻』 第一法規出版、1995年

関連項目[編集]