気象大学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
気象大学校
気象大学校(中央奥が東京レーダー)
気象大学校(中央奥が東京レーダー)
大学校設置 1962年
創立 1922年
大学校種別 省庁大学校
設置者 気象庁
本部所在地 千葉県柏市旭町7丁目4-81
キャンパス 柏(千葉県柏市)
学部相当 大学部
ウェブサイト 気象大学校公式サイト

気象大学校(きしょうだいがっこう、英語:Meteorological College)は、千葉県柏市旭町7丁目4-81に本部を置く、国土交通省所管の省庁大学校である。1962年に設置された。大学校の略称は「気大」または「気大校」(「気象」というと「気象」と間違うため[1])。

概観[編集]

大学校全体[編集]

気象庁の幹部職員の養成などを目的に設置されている、気象庁の施設等機関である。

大学部[編集]

代々木ゼミナールの調査によると、大学部の1学年における定員は15人程度であり、偏差値は70前後とされている。

教育および研究[編集]

一般の大学相当の教育を行う大学部と、気象庁職員の研修を行う研修部がある。4年制の大学部では、将来の幹部職員の養成が行われ、学生は一般職国家公務員である気象庁職員としてとしての身分を持ち、給与・賞与が支給される(2014年時点で月額約144,000円)[2]。研修部では、全国の気象台や測候所の現役職員の各種研修を行う。なお、2014年時点において、大学院に相当する組織・課程は存在しない。

学風および特色[編集]

大学部の学生は、卒業時に独立行政法人大学評価・学位授与機構に申請後、学士(理学)の学位を取得できる。卒業後は気象庁の他、管区気象台施設等機関で働く者もいる。

沿革[編集]

年表[編集]

  • 1922年大正11年)9月 - 中央気象台附属測候技術官養成所が設置される
  • 1939年昭和14年)10月 - 中央気象台附属気象技術官養成所に改称する
  • 1951年(昭和26年)4月 - 中央気象台研修所となる
  • 1956年(昭和31年)7月 - 気象庁研修所となる
  • 1962年(昭和37年)4月 - 気象大学校となり,大学部2年制となる
  • 1964年(昭和39年)4月 - 大学部4年制となる
  • 1991年平成3年)12月 - 大学部卒業生に対し、学士(理学)の学位を授与

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 柏キャンパス(千葉県柏市旭町7丁目4-81)

教育および研究[編集]

組織[編集]

大学部[編集]

大学部は、大学設置基準に準じて、気象業務に必要な基礎、専門学術・技術、一般教養を行う教育課程(153単位以上)と、気象業務の基礎となる観測や実習などを行う特修課程(500時間以上)がある。

  • 教育課程
    • 教養(人文科学、社会科学、第1外国語、第2外国語)
    • 基礎(数学、物理学、化学、情報学)
    • 専門(気象学、地震火山学、地球環境科学、セミナー、卒業研究)
  • 特修課程(業務論、防災論、演習、実習)

研修部[編集]

気象庁職員の中から入校の許可を受けた研修生に対し、予報、地震・火山、海洋気象などいくつかの研修コースが設けられ[3]、気象業務に必要な専門知識と技術を教授する。

附属機関[編集]

  • 図書館

学生生活[編集]

クラブ活動[編集]

野球部、サッカー部、テニス部、バスケットボール部などの体育系クラブや、天気の会、軽音楽部、リコーダーアンサンブル部、星を見る会などの文化系クラブがある。

学校祭[編集]

学校祭として、秋に「紫雲祭」が行われ、文化系クラブ等の発表などが行われる。

大学校関係者と組織[編集]

大学校関係者一覧[編集]

著名な教職員[編集]

主な元教員[編集]

  • ひろさちや(仏教家。1965年~1985年の間、本校で講師を務める)

OB・OG[編集]

  • 福井敏雄(気象解説者・タレント。「中央気象台附属気象技術官養成所」時代の卒業生)
  • 倉嶋厚(エッセイスト。「中央気象台附属気象技術官養成所」時代の卒業生)
  • 樋口直人(社会学者、中退)

施設[編集]

キャンパス内には、観測実習場(グランド)、地上観測露場、観測塔、大気放射観測露場、生物季節標本木露場などがある。

また、敷地内には東京レーダー(東京管区気象台管轄の観測施設)がある。ただし、東京レーダーは気象大学校の施設ではないので学生は立ち入ることができない。

キャンパス[編集]

柏キャンパス[編集]

[編集]

校舎から歩いて数分の敷地内に、寄宿舎として「智明寮」がある。

公式サイト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 但し、近年ではあまり使われなくなったものの、内部でも気象大という人もいる。
  2. ^ このように学生に給与が支給される国土交通省所管の大学校は、他に海上保安大学校航空保安大学校があり、特別職国家公務員として採用される大学校は、防衛省防衛大学校防衛医科大学校がある。
  3. ^ 気象業務はいま(気象庁、2005年7月)

座標: 北緯35度51分33.4秒 東経139度57分32.6秒 / 北緯35.859278度 東経139.959056度 / 35.859278; 139.959056