海技大学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

海技大学校(かいぎだいがっこう、Marine Technical College)は、兵庫県芦屋市にある独立行政法人海技教育機構所管の船員を教育・養成・訓練する学校である。

課程[編集]

  • 海洋技術科
  • 海技士科
  • 講習科
  • 通信教育科

学校名の変遷[編集]

  1. 海技専門学院 - 1945年(昭和20年)から1961年(昭和36年)までの16年間。
  2. 海技大学校 - 1961年(昭和36年)から現在に至る。

所管の変遷[編集]

  1. 運輸通信省 - 1945年(昭和20年)4月から5月までの1か月間。
  2. 運輸省 - 1945年(昭和20年)から2001年(平成13年)までの56年間。
  3. 国土交通省 - 2001年(平成13年)1月から4月までの3か月間。
  4. 国土交通省所管の独立行政法人海技大学校 - 2001年(平成13年)から2006年(平成18年)までの5年間。
  5. 国立交通省所管の独立行政法人海技教育機構 - 2006年(平成18年)から現在に至る。

沿革[編集]

昭和(戦中)[編集]

  • 1945年昭和20年)
    • 4月 - 運輸通信省所管海技専門学院を設立[1]
      • 所在地: 兵庫県武庫郡本庄村(現在の神戸市東灘区)
    • 5月 - 運輸通信省の改組で、運輸省所管海技専門学院となる。

昭和(戦後)[編集]

  • 1946年(昭和21年)
    • 1月 - 戦災で既存の校舎施設をすべて失ったため、日本海運報国団[2]の施設を校舎施設(芦屋市)として借用、本部を移して授業を継続。
    • 3月 - 高等商船学校神戸分校の廃止に伴い、全施設及び教職員が海技専門学院に継承される。
    • 4月 - 教室・寄宿舎不足のため、元高等商船学校大阪分校(泉佐野市[3]と元岸和田海員養成所[4]の施設を承継し、「ばいかる丸」を借用の上、尼崎に係留し、分教場とする。
  • 1949年(昭和24年)
    • 5月 - 海技専門学院官制が廃止[5]
    • 6月 - 運輸省設置法を制定。その中で、附属機関として海技専門学院の設置を規定。
  • 1951年(昭和26年)4月 - 船員通信教育制度が設けられ、通信教育を開始。
  • 1952年(昭和27年)5月 - 神戸商船大学[6]が設置され、全施設の同大学に伴い、同一施設を共用の形をとる。
  • 1955年(昭和30年)7月 - 芦屋市に移転。
  • 1961年(昭和36年)4月 - 校名を海技大学校と改称。
  • 1969年(昭和44年)11月 - 第1代海技丸を廃船。その後神戸商船大学から所管換えを受けた練習船深江丸を海技丸(第2代)と改名。
  • 1981年(昭和56年)4月 - 運輸省の組織改正[7]が行われ、以下の2校の海員学校を廃止の上、海技大学校の分校とする。
  • 1988年(昭和63年)3月 - 海技丸(第3代)が完成。

平成[編集]

  • 1992年(平成4年)3月 - 七尾分校を廃止。
  • 1997年(平成9年)3月 - 1995年(平成7年)の兵庫県南部地震により本館及び講堂・体育館が使用不能となったため、再建された。
  • 2001年(平成13年)
  • 2006年(平成18年)4月 - 独立行政法人(海技大学校と海員学校)の統合で独立行政法人海技教育機構が発足。
  • 2009年(平成21年)3月 - 児島分校を廃止。

所在地[編集]

〒659-0026 兵庫県芦屋市西蔵町12番24号

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1945年(昭和20年)3月31日 海技専門学院官制による(勅令第167号)。日本法令索引国立国会図書館ウェブサイト
  2. ^ 「国の恩に報いること」
  3. ^ 大阪商船学校が東京高等商船学校の分校となった学校で、1901年(明治34年)に廃校。神戸商船大学の歩み - 神戸大学ウェブサイト
  4. ^ 1945年(昭和20年)3月に設置。翌年1946年(昭和21年)3月に廃止。
  5. ^ 1949年(昭和24年)5月31日 の運輸省設置法による(法律第157号)。日本法令索引国立国会図書館ウェブサイト
  6. ^ 2004年(平成16年)国立大学法人法により神戸大学海事科学部となり、現在に至る。
  7. ^ その他にも門司海員学校が廃止の上、海上保安庁海上保安学校門司分校となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]