朴葉寿司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

朴葉寿司(ほおばずし)とは、下記地方の郷土料理。

岐阜県[編集]

の木の葉を使うことは共通しているが、地域により作り方が大きく異なっている。 飛騨地方と東濃・中濃地方は隣接しているため、作り方は両者が混在しており明確な線引きは難しいが、この辺りを中心に最も盛んに朴葉寿司が作られており、岐阜県から広まったものと言われている。

岐阜県飛騨地方(高山市・下呂市)[編集]

旧暦端午の節句に、昔から作られてきたもの。

まず(飛騨地方では鱒という)を1cmほどの大きさに切り、生のままに1晩ほど浸ける。翌日、寿司作りに取りかかる。まずご飯を炊く。その間にミョウガの若い茎を細かく切る。ご飯が炊きあがったら、大きな鉢を用意し、ご飯、鮭(酢ごと)、ミョウガを交互に均等に混ざるように入れていく。全部入れ終わったら、上を朴葉で覆う。しかし、上には重しをのせない。しばらくすると、酢がご飯に染み込み食べ頃となる。家庭によっては、など他の具を入れることもあり、家により味が異なっている。しかし、比較的、具の数は少ない。最近では、切った鮭を煮たりして、酢に浸ける時間を1時間ほどに短縮するケースもある。

食べるときは、各自が朴葉を持ち、しゃもじで鉢からまだ熱い寿司を取り出し朴葉に盛り、サンショウの葉を入れて、握りながら食べる。この時、朴葉とサンショウの香りが漂う。

残った寿司は、朴葉に挟んで、サンショウの葉を入れて包み保存する。店などで売られているのはこの状態である。

この地方では、各家庭で朴葉寿司が作られるため、家の庭先や畑、空き地などに朴の木が植えられている光景をよく見かける。

岐阜県東濃地方(中津川市・恵那市・瑞浪市・土岐市・多治見市)・中濃地方南部(美濃加茂市・加茂郡・可児市・可児郡・関市・美濃市)・長野県木曽郡・下伊那郡阿智村清内路[編集]

東濃地方出身製作の朴葉寿司(自家製)。酢飯に鮭・きゃらぶき・刻んだ漬物・椎茸の甘露煮・あさりのしぐれ煮・錦糸卵・紅ショウガ・しその実が乗っている。

昔から農業・林業を生業とする家庭が多く、昼食を畑や山で取ることが多かった。 その為、携帯性が良く朴の葉と酢飯の殺菌効果で日持ちし、また近隣との作業の助け合いでまかないにも便利な朴葉寿司が広まったと考えられる。朴葉寿司の時期が田植えの時期と重なっている点も農林業との繋がりを示している。

中濃地域では6月頃になると国道沿いや、山沿いに朴の木の白い花が目立ち、初夏と朴葉寿司の季節を教えてくれる。

事前に酢飯を作る。朴葉に酢飯をのせ、その上にいろいろな具をのせて最後に葉を四角くたたんで紐で結ぶ。具は切り身の鮭、川魚の甘露煮舞茸ワラビきゃらぶき紅ショウガ田麩しめさばキュウリ漬け物のみじん切り、はちのこ佃煮などバラエティに富んでいるが、地方がら山の幸が中心となっている。酢飯を冷ましたり、桶などに並べて重しを乗せるなど、作り方や具はそれぞれの家庭によって多岐にわたる。

岐阜県中濃地方北部(郡上市)[編集]

郡上地方とも言われる地域。

寿司桶で事前に酢飯を作る。そこに、じゃこ、煮付けたニンジンゴボウシイタケ、鮭などを入れよく混ぜる。でき上がった寿司を朴葉に包んでいき、桶などに並べ、上から軽く重しをのせる。

外部リンク[編集]