清内路村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
せいないじむら
清内路村
廃止日 2009年3月31日
廃止理由 編入合併
清内路村阿智村
現在の自治体 阿智村
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
都道府県 長野県
下伊那郡
団体コード 20406-4
面積 44.16km²
総人口 718
推計人口、2009年3月1日)
隣接自治体 飯田市阿智村南木曽町
村の木 ナラ
村の花 しだれ桜
清内路村役場
所在地 395-0401
長野県下伊那郡清内路村375-1
座標 北緯35度29分23秒
東経137度42分8秒

清内路村位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

特記事項=
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

清内路村(せいないじむら)は、長野県下伊那郡の西部に存在した2009年3月31日、同郡阿智村に編入されて消滅した。清内路峠がある。清苗路とも書いた[1]

地理[編集]

長野県の南西端に位置する。

北にそびえる兀岳(はげたけ)をはじめとする標高1,500m前後の山々に四方を囲まれた山村で、面積の大半を森林が占める。

村域はすべて天竜川水系であり、阿知川の支流である黒川と清内路川が村の中央で合流し、南流する。

村の北西部にある国道256号清内路峠木曽谷伊那谷の境界であり、両地域を結ぶ重要路である。

集落内に耕地が少ない地形ため、養蚕煙草栽培、山畑づくりのため一年の半分(4月末~10月頃)は、集落内の住居から山腹にある家に移り住む「出づくり」という風習を生んだ[2]

歴史[編集]

行政[編集]

財政[編集]

平成18年度[編集]

  • 財政力指数 0.083 長野県市町村平均0.40 壊滅的な財政力である
  • 標準財政規模 6億7187万円
  • 一般会計歳入 9億4437万円
    • 内訳 地方交付税 6億4841万円(89.7%) 地方税 3614万円(5.3%)
  • 経常収支比率 81.0%
  • 実質公債費比率 25.7% 長野県市町村平均16.3
  • 人口一人当たり地方債現在高 207万5204円(普通会計分のみ)
  • 人口1000人当たり職員数 17.76人 長野県市町村平均 8.17人 職員数が過剰である
    • 一般職員数13人
    • 一人当たり平均給与月額 27万6200円 (すべての職員手当を含まない数字)
    • 一人当たり職員給(年額)586万2154円 (職員手当含まず)

地方債の残高

  • 1普通会計分の債務 15億1910万円
  • 2特別会計分の債務 14億9440万円
    • 主な内訳 農業集落排水事業分 7億8800万円 簡易水道事業分 6億7650万円
  • 3関係する一部事務組合分の債務 割愛

地方債の残高合計 30億1350万円 (普通会計分+特別会計分)

  • 村民一人あたりの地方債残高 411万6803円 (連結会計)

教育[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]

  • 清内路村立清内路中学校

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

交通[編集]

道路[編集]

一般国道
国道256号
長野県道109号園原清内路線

バス[編集]

清内路村巡回バス清内路村巡回バス時刻表

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 小黒川のミズナラ (国の天然記念物
  • 秋祭りの花火[3] - 住民による手作り花火が毎年10月に披露される。江戸時代から続く伝統行事。
  • 清内路関所跡 - 武田信玄が設置したと言われ、信州に7つある関所のひとつだった[4][1]
  • 清南寺 - 周囲の上清内路地区の住民全員が一つの墓に入る「一山一墓」という共同墓地がある[5]

出身著名人[編集]

その他[編集]

  • 村民の苗字の割合は、"桜井"姓と"原"姓のみで約70パーセントを占める。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『伊那繁昌記』吉川源美編 (拡栄堂, 1910)
  2. ^ 出づくり阿智村役場清内路振興室「清内路」
  3. ^ 花火阿智村役場清内路振興室「清内路」
  4. ^ 清内路関所跡阿智村役場清内路振興室「清内路」
  5. ^ 清南寺阿智村役場清内路振興室「清内路」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]