中濃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地図上水色の地域が中濃(濃色が市部、淡色が郡部)

中濃(ちゅうのう)は、岐阜県中南部(美濃国中部)の地域の総称である。

同じ岐阜県の地域名である西濃東濃等と比べて、その地域の範囲は不明瞭な点があるが、ここでは美濃国を4分割した場合を示す。他の分割の例は、西濃を参照のこと。

地域[編集]

関市美濃市美濃加茂市可児市郡上市の5市と、加茂郡坂祝町富加町川辺町七宗町八百津町白川町東白川村)、可児郡御嵩町)の2郡7町1村で構成されている。

郡上市を「北濃」として分ける場合がある。

南西部に平野が広がるが、他は山間部である。

大きく川の流域で分かれ、長良川沿いの関市、美濃市、郡上市。木曽川の南岸の可児市、可児郡。木曽川北岸及び飛騨川沿いの美濃加茂市、加茂郡となる。

可児市、可児郡、美濃加茂市、加茂郡を可茂地区と呼ぶ場合も多い。

気候は、大部分は太平洋側気候だが、一部地域は日本海側気候または中央高地式気候で、全域で内陸性気候を併せ持つ。地域によっては豪雪地帯もある。

人口[編集]

約40万人。関市と可児市がそれぞれ約10万人。

産業[編集]

  • 農業・・・平野部は田園地帯が多いが、山間部は林業が多い。美濃加茂市の梨、葡萄、柿や、関市(旧洞戸村)のキウィフルーツ等、果実栽培も盛ん。
  • 伝統産業・・・関市の刃物。美濃市の和紙。郡上市の郡上本染
  • 工業・・・関市、美濃加茂市、可児市、坂祝町にて製造業が盛ん。代表的なのとして(本社がある会社)貝印パジェロ製造等。郡上市は食品サンプルの製造が盛ん。

交通[編集]

道路[編集]

バス[編集]

鉄道[編集]

JR高山本線、JR太多線名古屋鉄道広見線長良川鉄道

かつては、名古屋鉄道美濃町線八百津線があったが、廃止された。

平成の大合併の影響[編集]

当初の合併協議会では、郡上郡、関市+美濃市+武儀郡、美濃加茂市+加茂郡、可児市+可児郡の3つの枠組みで行われていた。 しかし、武儀郡武芸川町は一時岐阜市との合併を目指し、可児市と御嵩町は公有地の扱い方で対立が表面化し、美濃加茂市が広域合併に否定的であった等、問題点が多かった。

結局、合併を実現したのは、郡上市(郡上郡)、関市(関市+武儀郡)、可児市(可児市+可児郡兼山町)の3つのみである。