新上挙母駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新上挙母駅
新上挙母駅(2008年5月)
新上挙母駅(2008年5月)
しんうわごろも - Shin-uwagoromo
10 三河豊田 (1.7km)
(1.9km) 新豊田 12
所在地 愛知県豊田市司町
駅番号 11
所属事業者 愛知環状鉄道
所属路線 愛知環状鉄道線
キロ程 17.6km(岡崎起点)
電報略号 コロ
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,046人/日
-2008年-
開業年月日 1988年(昭和63年)1月31日
乗換 名鉄三河線上挙母駅
備考 駅員時間配置駅

新上挙母駅(しんうわごろもえき)は、愛知県豊田市司町にある愛知環状鉄道線である。駅番号は11

駅構造[編集]

相対式2面2線ホームを持つ高架駅で、ホームは4両まで対応している。2008年3月15日から平日[注釈 1]朝に限り駅員が配置されている。

改札口は高架下にあり、液晶ディスプレイによる出発案内表示が設置されており、駅員配置時間帯に限り自動券売機が利用できる。階段エレベーターでホームに上がる構造である。

かつては大門駅と同じように複線用高架路盤の片方を利用してホームを設置していたが、三河豊田駅 - 新豊田駅間を複線化させるにあたって2面2線の相対式ホームとするため、まず旧ホームの反対側にエレベーター付きの新ホームを建設し、2007年3月24日に使用を開始している。その後、旧ホームを撤去した上で反対側の線路を敷設し、さらに岡崎方面ホームが設置された。

なお、乗車駅証明書発行機は旧ホーム時代はホーム上にあったが、新ホームに役目を譲ってからは地上(改札口)に移設された。

のりば
1 愛知環状鉄道線 三河豊田岡崎方面
2 愛知環状鉄道線 新豊田高蔵寺中央本線経由名古屋方面

配線図[編集]

三河豊田 - 新豊田複線化による配線の変化

岡崎方面
三河豊田 - 新豊田複線化による配線の変化
高蔵寺方面
凡例
出典:[1]



駅周辺[編集]

住宅が多い。

バス路線[編集]

利用状況[編集]

豊田市統計書によると、当駅の一日平均乗降客数は以下の通り推移している。

歴史[編集]

  • 1988年(昭和63年)1月31日 開業。
  • 2007年(平成19年)3月24日 新ホーム完成。
  • 2008年(平成20年)1月27日 複線化供用開始。相対式2面2線ホームとなる。
  • 2008年(平成20年)3月15日 これまでは終日無人だったが、平日朝のみ駅員配置となる。自動券売機なども設置された。

隣の駅[編集]

愛知環状鉄道
愛知環状鉄道線
三河豊田駅 - 新上挙母駅 - 新豊田駅

1日乗客数[編集]

  • 平成16年 330人(21駅中19位)
  • 平成17年 331人(23駅中20位)
  • 平成18年10月24日 416人(23駅中21位)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当駅の有人営業は、他の駅と異なりトヨタカレンダーに従っている。祝日などの休日に営業する日がある一方、ゴールデンウィークお盆期間中の平日は営業しない場合がある。
  2. ^ 東に400mの位置にあるが、信号付き交差点を渡る必要がある。新豊田駅 - 豊田市駅の方が乗り換えは容易。

出典[編集]

  1. ^ 愛知環状鉄道20年史編纂委員会、『愛知環状鉄道20年史』、pp.111-112、2008年

関連項目[編集]