末野原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
末野原駅
中央奥の小さなプレハブが駅舎ホームは左奥の掘割下
中央奥の小さなプレハブが駅舎
ホームは左奥の掘割下
すえのはら - Suenohara
08 永覚 (1.6km)
(1.9km) 三河豊田 10
所在地 愛知県豊田市豊栄町12丁目
駅番号 09
所属事業者 愛知環状鉄道*
所属路線 愛知環状鉄道線
キロ程 14.0km(岡崎起点)
電報略号 スエ
駅構造 地上駅掘割構造
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,782人/日
-2008年-
開業年月日 1988年(昭和63年)1月31日
備考 駅員時間配置駅
ホーム
駅前広場

末野原駅(すえのはらえき)は、愛知県豊田市豊栄町12丁目にある愛知環状鉄道線である。駅番号は09

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する。掘割構造となっており、階段で駅の外と繋がる。

開業当初は終日無人駅であったが、2005年に階段上にプレハブの駅事務室が設置され、朝夕は2名ほどの職員が出改札業務を行っている[要出典]

開業当初からロータリー内に無料の駐車場があるが、特に平日は駐車場に入り切らない自家用車が周辺の道路まであふれ出している[要出典]

利用状況[編集]

豊田市統計書によると、当駅の一日平均乗降客数は以下の通り推移している。

駅周辺[編集]

地名の「末野原」は、万葉集に採録された持統上皇の詠み歌『梓弓 陶の原野に鳥狩する君が弓弦の絶えむと思へや』に由来する。

駅北東には茶畑が、南側には森林が広がる。北西は住宅地である。

隣の駅[編集]

愛知環状鉄道
愛知環状鉄道線
永覚駅 - 末野原駅 - 三河豊田駅

脚注[編集]

  1. ^ 末野原駅の通年営業化について - 愛知環状鉄道(2013年4月9日付、同年9月15日閲覧)
[ヘルプ]

関連項目[編集]