幌糠駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
幌糠駅
駅舎(2004年6月)
駅舎(2004年6月)
ほろぬか - Horonuka
峠下 (6.2km)
(5.5km) 藤山
所在地 北海道留萌市幌糠町
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 留萌本線
キロ程 34.5km(深川起点)
電報略号 ホヌ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1910年明治43年)11月23日
備考 無人駅
1977年の幌糠駅と周囲約500m範囲。上が留萌方面。駅裏深川側に見える木工場は、新道が通ったため駅と切り離されているが、元々当駅に隣接した大きな貯木場の一部だった。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

幌糠駅(ほろぬかえき)は、北海道留萌振興局留萌市にある北海道旅客鉄道(JR北海道)留萌本線である。電報略号ホヌ

歴史[編集]

戦前までは付近の御料林伐採材の主要な搬出駅であり、冬期間に伐採した木材を隣接土場に貯木し、それを夏期に当鉄道で搬出していた。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホームは線路の東側(増毛方面に向かって右手側、旧1番線)に存在する[4]転轍機を持たない棒線駅となっている[4]。かつては相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能な交換駅であった[5]。当時は互いのホームは駅舎側ホーム中央部分と対向側ホーム北側を結んだ構内踏切で連絡した[5]。駅舎側(東側)が上りの1番線、対向側ホームが下りの2番線となっていた[5]。そのほか1番線の深川方から分岐し駅舎南側のホーム切欠き部分の貨物ホームへの貨物側線を1線有していた[5]。交換設備運用廃止後は1993年(平成5年)3月までに線路は撤去されたが、ホーム前後の線路は転轍機の名残で湾曲している[4]

無人駅となっている。駅舎は構内の東側に位置しホーム中央部分に接している[4]有人駅時代からの木造板張り[5]の駅舎は改築され、ヨ3500形車掌車[6]を改造した貨車駅舎となっている[4]宗谷本線の貨車駅舎と全く同一の外観となっている[6][7]。トイレは無い[7]

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。地名は、アイヌ語の「ポロ・ヌツカ・ペッ」(大きな野の川[7]、或いは親である野の川[8])に由来する。

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は84人[5]
  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は24人[4]

駅周辺[編集]

当地は留萌市内陸部の中心地[4]で、同市の農業の中心地でもある[5]。駅前を通る道路は付け替え前の旧国道である[5]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
留萌本線
峠下駅 - 幌糠駅 - 藤山駅
かつて峠下駅と当駅との間に東幌糠駅が存在した(1963年(昭和38年)12月1日開業。2006年(平成18年)3月18日廃止)[2]
かつて当駅と藤山駅との間に桜庭駅が存在した(1963年(昭和38年)12月1日開業。1990年(平成2年)10月1日廃止)[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)179ページより。
  2. ^ a b c d e 書籍『日本鉄道旅行地図帳 全線全駅全廃線 1 北海道』(監修:今尾恵介新潮社2008年5月発行)44ページより。
  3. ^ 書籍『無人駅探訪』(監修:西崎さいき、文芸社2011年6月発行)148ページより。
  4. ^ a b c d e f g h 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)155ページより。
  5. ^ a b c d e f g h 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)196ページより。
  6. ^ a b 書籍『ダルマ駅へ行こう!』(著:笹田昌宏、小学館文庫2007年5月発行)68ページより。
  7. ^ a b c 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)172ページより。
  8. ^ 書籍『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』(監修:太田幸夫、富士コンテム、2004年2月発行)106ページより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]