富士屋ホテルチェーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富士屋ホテル株式会社
Fujiya Hotel co., ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
250-0404
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359
設立 1878年7月15日(富士屋ホテル)
業種 サービス業
事業内容 ホテル、レストラン、ゴルフ場およびミュージアムの経営
代表者 安藤 昭(代表取締役社長)
資本金 9,600万円(2013年3月期)
売上高 131億4,100万円(2013年3月期)
営業利益 3億9,900万円(2013年3月期)
従業員数 1,200人
決算期 3月末日
主要株主 国際興業株式会社
外部リンク http://www.fujiyahotel.co.jp/ja/index.html
テンプレートを表示

富士屋ホテルチェーン(ふじやホテルチェーン)は、国際興業グループに属しているホテルチェーンの総称である。運営会社は、富士屋ホテル株式会社である。

施設一覧[編集]

富士屋ホテル(箱根・宮ノ下)

直営[編集]

ホテル名 所在地
富士屋ホテル 神奈川県箱根町宮ノ下温泉
湯本富士屋ホテル 神奈川県箱根町箱根湯本温泉
箱根ホテル 神奈川県箱根町芦ノ湖
富士ビューホテル 山梨県河口湖

運営受託[編集]

ホテル/保養施設名 所在地 所有者
甲府富士屋ホテル 山梨県甲府市湯村温泉 京屋ジャパン・インヴェストメント
フルーツパーク富士屋ホテル 山梨県山梨市笛吹川フルーツ公園 山梨フルーツリゾート
大阪富士屋ホテル 大阪市中央区 国際興業
八重洲富士屋ホテル 東京都中央区 国際興業
二の平渋谷荘 神奈川県箱根町二の平 東京都渋谷区
箱根千代田荘 神奈川県箱根町強羅駅付近 東京都千代田区
ヴィラ本栖 山梨県本栖湖 東京都中央区
キヤノン箱根館[1] 神奈川県上強羅 キヤノン

その他[編集]

沿革[編集]

  • 1878年(明治11年) - 山口仙之助が富士屋ホテルを個人経営として創業する。
  • 1893年(明治26年)12月9日 - 富士屋ホテル株式会社を設立登記。山口仙之助が社長に就任。
  • 1906年(明治39年) - 大日本ホテル業同盟会(後の日本ホテル協会)を設立する。
  • 1914年(大正3年) - 山口修一郎が社長に就任。富士屋自働車株式会社を設立する。
  • 1917年(大正6年) - 仙石ゴルフコースを開業する。
  • 1923年(大正12年) - 箱根ホテルを開業する。
  • 1924年(大正13年) - 富士屋自働車株式会社が、沼津-三島-箱根宮ノ下間の乗合自動車の運行を始める[2]
  • 1930年(昭和5年) - 富士屋ホテルトレーニングスクールを開校する。
  • 1936年(昭和11年) - 富士ビューホテルを開業する。
  • 1947年(昭和22年) - 山口堅吉が社長に就任する。
  • 1966年(昭和41年) - 国際興業株式会社の傘下に入る。
  • 1973年(昭和48年) - 湯本富士屋ホテルを開業する。
  • 1981年(昭和56年) - 大阪富士屋ホテルを開業する。
  • 1983年(昭和58年) - 八重洲富士屋ホテルを開業する。
  • 1989年(平成元年) - 甲府富士屋ホテルおよびレストラン三島亭を開業する。
  • 1997年(平成9年) - フルーツパーク富士屋ホテルを開業する。
  • 1998年(平成10年) - レストランすみれ亭の運営を開始する。
  • 2005年(平成17年) - 箱根駅伝ミュージアムおよびFUSION DINING Fを開業する。
  • 2007年(平成19年) - 富士屋ホテルフレッシュベーカリーを開業する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 企業の保養施設のため一般の入館は不可。
  2. ^ 富士屋自動車の電話 - 三島市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]