小佐野賢治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おさの けんじ
小佐野 賢治
生誕 1917年大正6年)2月15日
日本の旗 日本 山梨県
死没 1986年10月27日(満69歳没)
出身校 尋常小学校高等科卒業
職業 実業家
国際興業グループ創業者
配偶者 小佐野英子(堀田伯爵家出身)
子供 なし

小佐野 賢治(おさの けんじ、1917年2月15日 - 1986年10月27日)は、日本の実業家である。国際興業グループ創業者。

概要[編集]

昭和戦時体制下では軍需省に取り入って蓄財し、日本の敗戦後には駐留外国人相手の事業で成功した。また、運輸観光事業も手広く行い、日本国内の有名ホテルを複数買収したほか、ハワイの観光資源にいち早く注目してワイキキの名門ホテルを多数手中にするなどして、「ホテル王」と呼ばれたこともある。

また、後の内閣総理大臣田中角栄との関係が「刎頸の友[1]」と言われるなど有力な政商として知られ、政財界と暴力団の橋渡しを行っているなどとの噂から、「裏世界の首領」、「黒幕」などと揶揄されることもあった。実際、戦後最大の疑獄事件であるロッキード事件でも関係者として国会に召喚されたが、この証人喚問で小佐野が繰り返した答弁「記憶にございません」は当時の流行語となった。ただ、実際には「記憶『に』ございません」と答弁した記録はなく、正確な答弁内容は「記憶『は』ございません」「記憶がありません」などの繰り返しである。

一方、山梨交通など倒産寸前だった数多くの企業の再建に成功し、その際には「人切り」をしないことで知られた。小佐野の経営手法の中心は徹底した現場主義と、不採算部門の大胆な整理であり、事業家としての評価は高かった。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1917年(大正6年)、山梨県東山梨郡山村(現在の甲州市勝沼町山地区)の農家、小佐野伊作・ひらの夫妻の長男として生まれる。生家は非常に貧しく、幼いころは自宅さえもなく村の寺の軒先を借りての生活であったという。

小佐野は小学校へ入学すると、家計を助けるために毎朝午前3時に起床して新聞配達を行っていた。1931年(昭和6年)、東山梨郡東雲村(当時)の東雲尋常小学校高等科を卒業。

1933年(昭和8年)に上京し、自動車部品販売店へ就職。勤務態度は非常に真面目で、三年後には店を取り仕切るようになった。その後別の店に引き抜かれて業績を上げたが、同店はその翌年に倒産した。

兵役[編集]

当時としては大きい170cmのがっしりした体躯を持っていた小佐野は1937年(昭和12年)、徴兵検査に甲種で合格した。この際に小佐野は検査場に、当時はごく限られた金持ちしか乗れなかった自動車で乗りつけ周囲を驚愕させている。

1938年(昭和13年)、陸軍に入隊し中国で服務。戦地では右足に銃弾を受け負傷し、さらに同年年末には院内でマラリアと思われる急性気管支炎を発症したために内地送還となった。

戦時中の起業[編集]

1940年(昭和15年)に再び上京した小佐野は東京トヨタ自動車に入社、商売を学んだ。

1941年(昭和16年)、東京芝区(当時)に自らの自動車部品会社、「第一商会」を設立した。同社は軍需省からの受注に成功、大東亜戦争中の1943年(昭和18年)には軍需省の民間無給委託(高等官二等で佐官待遇)となった。

戦後の事業拡大[編集]

小佐野は1945年(昭和20年)からホテル事業に進出した。これは敗戦直後、経済活動が停滞し現金が不足する最中、根津嘉一郎五島慶太が、小佐野にそれぞれ熱海ホテル、山中湖ホテル、強羅ホテルの売買を持ちかけたのが始まりである。これに応じた小佐野は、当時先行き不明だったこれらの観光資産を買収した。東急グループ総帥・五島慶太とは、この強羅ホテル売買交渉を機会に知遇を得た。

1946年(昭和21年)には、東京観光自動車と東都乗合自動車を東京急行電鉄から譲り受けてバス事業に進出した。

1947年(昭和22年)、社名を「国際興業」とした。この年小佐野は、旧伯爵家(旧下総佐倉藩堀田家)の令嬢・堀田英子と結婚している。

しかし小佐野は1948年(昭和23年)、ガソリンの不正使用の疑いで、当時日本を占領していた連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって逮捕された。同年9月重労働1年、罰金74,250円の有罪判決を受けた小佐野は、翌1949年(昭和24年)3月に仮釈放されるまで服役することになった。

その後も小佐野は精力的に事業を拡大、1950年(昭和25年)には長岡鉄道(現在の越後交通)のバス部門拡充への協力を機に、当時同社社長だった後の内閣総理大臣田中角栄との親交を深めた。

ロッキード事件[編集]

1976年(昭和51年)ロッキード事件に絡み衆議院予算委員会に第1回証人として全日空社長の若狭得治丸紅の伊藤博とともに出頭。その際の証言が議院証言法違反にとわれ1977年(昭和52年)に起訴され、1981年(昭和56年)に懲役1年の実刑判決(判決言い渡し翌日には控訴)。

小佐野は日本航空および全日空大株主となり航空業界への進出を狙っていたものの、全日空への新型機導入に絡んだ「ロッキード事件」の発覚により頓挫したといわれる。また、1976年に「ロッキード事件」により衆議院予算委員会にて証人喚問されたとき、ここで小佐野が何度も口にした「記憶にございません」は、この年の流行語となった。

係争中の1985年(昭和60年)に帝国ホテル会長職に就任。犬丸一郎を、帝国ホテルのメインバンクである第一勧業銀行の反対を押し切り社長昇格させる一方、第一勧業銀行出身の藤居寛を副社長に就任させた[2]

晩年[編集]

1986年(昭和61年)10月27日、入院先の虎の門病院で死去。小佐野は膵臓癌の手術を受けていたが、直接の死因はストレス性潰瘍だったという。また当時、「昭和の再建王」坪内寿夫に、自らが保有する造船会社(三重造船)の再建を依頼し、具体的なことまで決まり、あとは契約だけのところまできていたが、咄嗟の判断で坪内が手を引いた。そのときのストレスが原因で死去したといわれる。

戒名は大乗院殿興栄経国宗賢日治大居士。控訴中だったロッキード裁判もこれにより公訴棄却となった。

遺産のうち美術品は美術館に寄贈され、また山梨県の発展を目的とした小佐野記念財団が設立されている。

エピソード[編集]

  • 小佐野はがっしりした体格で、相当大柄にみえた。また若くして前頭髪がほとんど抜け落ちていたこともあり、20歳代で50歳代に間違われることもあったという
  • マスコミから揶揄されることの多かった小佐野は、メディアへの露出を極端に嫌っていた
  • 剛腕のイメージを持たれることが多かった小佐野であったが、実際は物静かで物腰の軟らかい温厚な紳士であった。むしろ滅多に感情を表さず、言葉尻も穏やかで商取引の場面では相手に押し切られることもしばしばだった
  • 学歴がないことを卑下せず、またコンプレックスに感ずることもなかった
  • 人間関係を重視し、採算の取れない会社の株の買取りや経営の移譲にもしばしば応じた。移譲された会社はほぼ全て経営が改善することから、小佐野のところには移譲の依頼ばかり入ってきて困ったという
  • 国際興業の本社屋には冷房がなかった。「運転手の皆さんが暑い中を毎日頑張っているのに冷房なんてとんでもない」とのことであった。運転手にはいつも新車を買い与えた。運転手が一番希望するのは、給料よりもなによりも新車であることを直感していたからである。一日中シャツを腕まくりして夜遅くまで忙しく仕事をし、昼はいつも盛りそば一枚だった。
  • 東京スタジアムの経営権を得た際に、ロッテ球団にスタジアムの買い取りを求め、その交渉が決裂したため、所謂ジプシー・ロッテ問題の原因となる。
  • ラスベガスなどでは小額しか使わず、ギャンブルにはのめりこむことがなかったといわれる。一方で浜田幸一など同行の友人には小佐野自身の金を与えて遊ばせたという。ちなみに浜田幸一は一度当時の金額で4.5億円負けた。
  • 絶頂期に箱根のゴルフ場でゴルフをしている時に「あのバンカー潰せ」、と即断指示があったといわれ、ゴルフ場側はその日のうちにバンカーを整地したといわれる。バンカーの配置が一般客に取っては難しく、観光地のゴルフ場にはふさわしくないと判断してのことといわれ、鋭い直感による経営手法の一端がうかがわれる
  • 小佐野は1960年代前半に多くのハワイのホテルを買収したが、小佐野自身の資産を売却せずさらに外為法により国外へのの持ち出しが制限されていた時期にどう行ったのか今もって不明である。

家族[編集]

  • 妻 小佐野英子(堀田伯爵家の娘)
旧下総佐倉藩主・堀田家出身。堀田正恒の長女。女子学習院(後の学習院女子高等科)卒。1947年に小佐野と結婚。藤島泰輔と旧知の仲。一時期は、藤島の妻であるメリー喜多川姉弟が経営するジャニーズ事務所に融資を続けるスポンサーだった。
  • 子供はない

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ これについては確かに角栄と小佐野は親しい間柄で仕事上では懇意にしていたものの「刎頚の友」とまで言える間柄ではなかったと早坂茂三佐藤昭子の著書には著されている
  2. ^ 1986/06/02,日本経済新聞、1987/05/25, 日本経済新聞

外部リンク[編集]