室駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
室駅
室駅駅舎(近鉄時代、2006年)
室駅駅舎(近鉄時代、2006年)
むろ - MURO
大垣 (1.1km)
(1.3km) 北大垣
所在地 岐阜県大垣市木戸町134-3
所属事業者 養老鉄道
所属路線 養老線
キロ程 44.1km(桑名起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
526人/日
-2008-
開業年月日 1916年大正5年)4月1日
備考 無人駅

室駅(むろえき)は、岐阜県大垣市木戸町にある、養老鉄道養老線

駅構造[編集]

揖斐方面に向かって左側に1面1線の単式ホームをもつ地上駅。養老線の路線が桑名養老方面と揖斐方面に分岐する地点の近くに位置するが、ホームがあるのは揖斐方面の路線のみである。従って、揖斐行きと大垣行きのみが発着する。

駅員無配置駅である。駅舎はあるものの、現在は単なる待合スペースになっており、駅舎を経由しなくてもホームに入場することができる。

利用状況[編集]

  • 主として通学・通勤用に利用される。
  • 室駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
      • 2008年11月18日の調査結果によると、1日の利用客は526人。この数字は養老線の駅(27駅)の中では、21位(岐阜県内に限定すると、22駅中17位)。なお、2005年11月8日の調査結果では511人であった。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

駅周辺[編集]

室駅東方にある、揖斐方面(右側)と桑名方面(左側)の分岐点。揖斐方面の少し奥に室駅ホームが見える
  • 木戸公園
  • スイトピアセンター
  • 大垣市図書館
  • 大垣室町郵便局
  • 室ショッピングセンター(現・パワーズ、現在は閉店、跡地にマンションが建っている)

バス路線[編集]

  • 名阪近鉄バス 室本町バス停 駅南の交差点東側
    • 赤坂総合センター行
    • 荒尾6丁目・稲葉団地行
    • 大垣駅前・寺内町経由総合庁舎行
    • 大垣駅前・寺内町経由市民会館行
    • 大垣スイトピアセンター・若森車庫行
    • 大垣駅前・墨俣経由岐阜聖徳学園大学

歴史[編集]

隣の駅[編集]

養老鉄道
養老線
大垣駅 - 室駅 - 北大垣駅
  • 1922年から数年間、当駅と現在の北大垣駅にあたる地点の間に四軒家駅が存在した。四軒家駅廃止当時、北大垣駅は未開業。

関連項目[編集]