美濃青柳駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美濃青柳駅
ホーム(近鉄時代に撮影)
ホーム(近鉄時代に撮影)
みの やなぎ - MINO-YANAGI
友江 (2.0km)
(1.8km) 西大垣
所在地 岐阜県大垣市青柳町
所属事業者 養老鉄道
所属路線 養老線
キロ程 39.4km(桑名起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
559人/日
-2008年-
開業年月日 1934年昭和9年)6月1日[1]
備考 無人駅

美濃青柳駅(みのやなぎえき)は、岐阜県大垣市青柳町にある、養老鉄道養老線

駅構造[編集]

1面1線の単式ホームを持つ地上駅。棒線構造駅のため、大垣行きと桑名方面行きの双方が同一ホームに発着する。駅員無配置駅で駅舎がなく、直接ホームに入る形になっている。

かつてはイビデン青柳事業場(旧青柳工場)及び神鋼造機への貨物引き込み線があり、昭和40年代まで使用された。現在もイビデン青柳事業場とは隣接しており、支柱や壁等に名残を留める。

利用状況[編集]

  • 主として通学・通勤用に利用される。
  • 美濃青柳駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
      • 2008年11月18日の調査結果によると、1日の利用客は559人。この数字は養老線の駅(27駅)の中では、19位(岐阜県内に限定すると、22駅中15位)。なお、2005年11月8日の調査結果では673人であった。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。


駅周辺[編集]

駅のやや北を東海道新幹線が通る。

バス路線[編集]

名阪近鉄バス 東へ100m(イビデン工場の東端の道路)にイビデン前バス停あり

歴史[編集]

隣の駅[編集]

養老鉄道
養老線
友江駅 - 美濃青柳駅 - 西大垣駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『近畿日本鉄道100年のあゆみ』近畿日本鉄道、p.689

関連項目[編集]