友江駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
友江駅
友江駅全景
友江駅全景
ともえ - TOMOE
大外羽 (1.4km)
(2.0km) 美濃青柳
所在地 岐阜県大垣市友江一丁目221
所属事業者 養老鉄道
所属路線 養老線
キロ程 37.4km(桑名起点)
電報略号 トモ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
541人/日
-2008年-
開業年月日 1913年大正2年)7月31日
備考 無人駅

友江駅(ともええき)は、岐阜県大垣市友江一丁目221にある、養老鉄道養老線

駅構造[編集]

単式・島式の複合型2面3線のホームを持つ行違い可能な地上駅。駅員無配置駅であり駅舎も設けられていない。直接単式の下りホーム側にある出入口から構内に入ることになる。島式の上りホームへは大垣寄りの構内踏切でのみ連絡しており、上りホーム側の出入口はない。

なお、島式ホームの片側(3号線)は定期列車の発着がないため、現在は事実上2面2線のみを使用している。

友江駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1(単式) 養老線(下り) 大垣方面
2(島式入口側) 養老線(上り) 桑名方面
3(島式反対側) (予備ホーム)

案内上ののりば番号は設定されていない。上記に記した番号は運転指令上の号線番号である(単式ホームが1号線、島式ホームが2・3号線にあたる)。1号線が下り本線、2号線が上り本線、3号線が上下副本線である。3号線は前述したように使用されていないが、上下双方向とも場内・出発信号機は稼動している。

利用状況[編集]

  • 主として通学・通勤用に利用される。
  • 友江駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
      • 2008年11月18日の調査結果によると、1日の利用客は541人。この数字は養老線の駅(27駅、桑名駅含む)の中では、20位(岐阜県内に限定すると、22駅中16位)。なお、2005年11月8日の調査結果では527人であった。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

駅周辺[編集]

  • 宝光院(左目不動) 北西1km 毎年2月3日に行われる裸まつりで知られている。
  • 多芸島永寿寺 西0.8km。
  • 野口聚楽寺 西1km。
  • 大垣市輪中資料館(大垣市日新地区センター) 北0.2km。
  • 大垣友江郵便局
  • 大垣市役所多芸島支所
  • JAにしみの多芸島支店
  • 大垣市立日新小学校
  • ローソン(東南側)

その他、駅のすぐ西に理髪店と食料品店と和菓子店あり。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

養老鉄道
養老線
大外羽駅 - 友江駅 - 美濃青柳駅

関連項目[編集]