入出力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
入力装置から転送)
移動: 案内検索

入出力(にゅうしゅつりょく、: input/output)は、データなどの「ものごと」の流れにおける出入りのことで、入力出力の2つを総称した概念のことである。input/outputの頭文字をとってI/Oと略される。

概要[編集]

情報処理の考え方に基づくモデルにおいて入出力は、データや情報などを加工する過程(プロセス)の前処理と後処理と考えられ、情報処理は、入出力があることによって完結し得るものだと考えられている。

入出力は、データ・情報の信用性、利用者とシステムの親和性などとかかわっており、入力と出力の間にどのような優れたデータ・情報の加工処理があろうとも、入出力に不備があったり、利用者にストレスを感じさせたりするものであると、処理全体の意味が半減する。

また、一般的な利用者にとっては、全体の処理一般を詳細に把握しておくことは難しい。このため、処理に関して一般的な利用者が行う評価は、入力したものと出力されたものの差違を比べることによって行われることも少なくない。

コンピュータ処理における入出力[編集]

オペレーティングシステムでの入出力[編集]

オペレーティングシステムでは、ユーザ向けに、デフォルトの入出力経路や装置を用意していることが多い。

以下はUNIX(およびMS-DOSなど、いわゆるUNIX風のシステム)のプロセスにおいてデフォルトのファイル記述子に対応する、標準入出力と呼ばれる入出力。カッコ内は略称(C言語の標準のライブラリ仕様にも含まれている)。

標準入力 (stdin)
一般的にはキーボードに対応する。コンピュータ(オペレーティングシステムもしくは実行プログラム)への指示や入力データを投入するための入力装置
標準出力 (stdout)
一般的にはディスプレイ(キャラクタ表示)に対応する。コンピュータ(オペレーティングシステムもしくは実行プログラム)からの実行状態の報告や実行結果が表示される出力装置。ただし、実行状態の経過報告と実行結果を同時並行で出力するプログラムの場合は、実行結果のみをここへ出力する
標準エラー出力 (stderr)
一般的にはディスプレイ(キャラクタ表示)に対応する。コンピュータ(オペレーティングシステムもしくは実行プログラム)からの実行状態の経過報告等が表示される2番目の表示出力装置

以下はMS-DOSが、標準で用意している、装置の入出力。カッコ内は同じく略称。

標準補助入出力 (stdaux)
一般的にはRS-232通信回線に対応する。コンピュータ(オペレーティングシステムや実行プログラム)が、通信回線経由で接続されている端末等との間でデータの入出力を交わす為の入出力装置
標準プリンタ出力 (stdprn)
一般的にはプリンタ(キャラクタ出力)に対応する。実行プログラムからの帳票印字を出力する為の装置

コンピュータにより、備わっている入出力の種類や個数は異なる。しかし、オペレーティングシステムは、それらや他の種類のファイルなどを全て、ファイル記述子といったものに抽象化し、同列の存在として扱うようにしていることが多い。

ファイル記述子(など)の入出力先を切り替える事を、リダイレクトと言う。

主な入出力装置[編集]

(注: ユーザインタフェース以外にも入出力はある)

主な入出力インタフェース[編集]

関連項目[編集]