PCケース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ATXケースを空にして横倒しにした状態。マザーボードはこの中に水平に入る
AppleiMac(2007年)。LCDスクリーンの後方がケースになっており、1.25インチ(3.17cm)の厚さの中にすべての部品が入っている

PCケース(ピーシーケース、英語:computer case,computer chassis, cabinet, tower, box, enclosure, housingまたはcase)はパソコンマザーボードやそれに付随する部品を格納する箱のことである。

概要[編集]

PCケースなしで部品がむき出しの状態でも、(原理的には)パソコンを稼動させることはできるが、をそのままかぶることや、安全性、使い勝手に劣り、耐久性が著しく低下する(故障しやすくなる)ため、通常はケースに部品を格納する。

市販されているものは放熱や強度を考えて金属製の部品によって作られていることが多い。主に使用される素材は亜鉛めっき鋼板ステンレスアルミ合金などである。亜鉛めっき鋼板は安価だが重く、長期間の使用で腐食する可能性がある。ステンレスやアルミ合金は腐食の心配は低いが亜鉛めっき鋼板より高価になる。比重の軽い素材を用いれば軽くできるが、ケースはある程度の重量と剛性がないと内部からの騒音やドライブの振動を吸収できない。また、CPUファンによるCPUの放熱のために通気穴が開いていたり、ケース内部の温度上昇を避けるためにケース自体にファンがついていたりする。性能は格納製、頑丈さ、デザイン、工作精度、放熱性、その他の部品との相性などによって異なる。

形も様々であり、タワータイプ、ボックスタイプ、キューブタイプなど多くの種類がある。内部のパーツを見せるために透明アクリルを張った窓が開いているものも存在する。自作パソコンではケース自体を自作する事も見られ、その素材はダンボールなど様々である。市販のケースを工具で改造しデコレーションするユーザーもいる[1]

PCケースは、マザーボード光学ドライブなどの規格に合わせて取り付け用のねじ穴などが切られているため、使用するマザーボードの規格に合わせたものを使用する必要がある。そのためPCケースが単体で販売される場合は、マザーボードの種類に応じ「ATケース」「ATXケース」などといった形で販売されることが多い。また、ケースには電源ユニットが付属して販売される場合と、サーバ用ケースなどハイエンド品のように電源ユニットが付属せず、純粋にケースのみで(電源を別売として)販売される場合がある。

また、ケースによってはフロントにドアを搭載しているタイプも存在し「ドアつき」などと呼称されている[2]

主なメーカー[編集]

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]