ATX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ATX(Advanced Technology eXtended)とは、1995年にインテルが策定した、パーソナルコンピュータの構造規格(フォームファクタ)である。

概要[編集]

マザーボード電源ユニット、およびドライブベイの配置などの筐体内部構造を規定したものだが、ことマザーボード自体に関して詳細に規定されているため、マザーボードの規格として扱われることも多い。現在のバージョンは2.01。それまでのAT規格に代わって、業界標準の地位を確立する。マザーボードの基板サイズを一定としたことで、ケースをそのままに、マザーボード単体の交換が可能になった。

マザーボードの規格[編集]

ATXマザーボード
(Socket478用・ASUS製)
Micro-ATX
(Socket939用・ASUS製)
ATX
基板サイズ 305mm×244mm(12インチ×9.6インチ)。タワー型デスクトップパソコン(フルタワー、ミドルタワー)で多く用いられる。基板面積に余裕がありコネクタやスロット数が多く拡張性が高い。自作パソコン用としては主流とも言える。規格はATXでも、長辺は305mmと変わらないが、短辺が215-230mm程度の基板を使用しているものもあり、このタイプは6本のビスで固定する。基板端が固定されていないため、ケースに取り付けた後にコネクターなどを挿すときに力を入れると基板が曲がってしまうことがあり注意が必要。
Micro-ATX(マイクロ-)
基板サイズ 244mm×244mm(9.6インチ×9.6インチ)。ATXを小型化した規格で、小型(マイクロ)タワー型から省スペースデスクトップパソコンに用いられる。
Flex-ATX(フレックス-)
基板サイズ 244mm×191mm(9.6インチ×7.5インチ)。Micro-ATXをさらに小型化した規格で、ブックシェルフ型・キューブ型省スペースパソコンに用いられる。
Extended-ATX(エクステンデッド-)
基板サイズ 305mm×330mm(12インチ×13インチ)。ATXを大型化した規格で、マルチプロセッササーバワークステーションに用いられる。
XL-ATX 
基板サイズ 325mm×244mm。ATXを横に大きくした規格。

電源ユニットの規格[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]